劇場公開日 2014年3月21日

  • 予告編を見る

ウォルト・ディズニーの約束のレビュー・感想・評価

3.7107
21%
54%
21%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全107件中、1~20件目を表示

4.0大好きな映画の裏側にこんな製作秘話があったなんて!

さん
2020年10月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

知的

驚きなのは、実際のトラヴァース夫人の録音テープが残っているということだ。すごいなぁ。この映画を観ていたら、本編がめちゃくちゃ観たくなっちゃったし、原作も読んでみたいと思った。ビデオは25周年記念版を持っていたので、早速観た。この歌はああやってできたんだとか、あのシーンは原作者からダメ出しをされてたのかなど思い出しながら観たら、すごくおもしろかった。残念ながら、原作は読めなかったが、この映画のおかげで、本編がもっと好きになった。原題は『バンクス氏を救って』。確かに、メリーはバンクス氏の子どもたちの乳母になるわけだが、それは映画で描かれているように、父親との思い出も含まれているのかな? 大好きだったけど、アル中で亡くなったおとうさんとの大事な時間。だからこそ、いろいろこだわって、注文をつけたのかな? ロンドン出身だと思っていたら、オーストラリアで暮らしていたとは、びっくりだ。偏屈な夫人を演じたエマ・トンプソンはぴったりだった。リムジンの運転手を演じたポール・ジアマッテイもいい味を出していた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
瑞

3.5メアリー・ポピンズ映画製作に秘められた作者の思いはよくわかったが、...

2020年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

メアリー・ポピンズ映画製作に秘められた作者の思いはよくわかったが、全体的に説得力に欠けた内容。「ウォルト・ディズニーの約束」の持つ意味がわからなかったが、後から原題がsaving Mr.Banksと知って、邦題がピント外れなだけだったと納得。作者の背景を知った上で今度はバンクス氏に注目しながらメアリー・ポピンズという名作をもう一度楽しもうと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

3.5邦題のミスリードが激しい

2020年8月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

ウォルト・ディズニーの自伝的な内容かと期待していたが、メリーポピンズの作者P・L・トラバース寄りのお話。

メリーポピンズはまともに見たことなくて、傘で空を飛ぶ人(どこを覚えてるんだ)しかイメージ無し(笑)

ありきたりな内容でトラバースがかなりの変わり者であり、見ていておもしろいが少し幼少期との交差が冗長であったかな?と感じた。

まああそこまで細かく掘り下げたほうが、後からの構成に効いてくるんだろうけど、、。

一番おかしいのは邦題で原題との違和感がえげつない。そのままにしといたらいーのに。

キャストの演技は非常に良かった、特にポール・ジアマッティ(久しぶり)。

ディズニー好きや、メリーポピンズ好きにはオススメできる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ポップコーン男

4.5過去編はパーフェクト!!

NEOlark7さん
2020年7月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NEOlark7

3.5「ウォルト・ディズニーの約束」→「メリー・ポピンズ」と2本立てで一...

こもえさん
2020年6月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

「ウォルト・ディズニーの約束」→「メリー・ポピンズ」と2本立てで一気に観ました。
今まで観たことがなかったメリー・ポピンズ、原作者の生い立ちを知るとより深くストーリーに込められた深い思いが理解できました。
当たり前だけど2つの作品が見事にリンクしていて、楽しくなったり切なくなったり考えさせられたり。。。
「メリー・ポピンズ リターンズ」も観てみたい!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
こもえ

4.0バンクス氏の救済

みゅうさん
2020年3月12日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みゅう

3.0大切な思い出

2019年11月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルコ・ヨドガワ

3.5米ウォルト・ディズニーが、自社の映画製作の裏側を初めて描いた作品で...

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

米ウォルト・ディズニーが、自社の映画製作の裏側を初めて描いた作品で、1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話をトム・ハンクス&エマ・トンプソン主演で映画化した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.0家族愛に満ちた作品。

さん
2019年8月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
桜

5.0一番好きな映画

2019年6月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
三月☆うさぎ

4.5ディズニー万歳

2019年5月29日
Androidアプリから投稿

子供との約束を守るため20年間交渉し続けたってすごすぎる。
その結果メリーポピンズの作者の心も晴れて、その映画で多くの人に感動を与えて、ほんとディズニー最高すぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タウンマーチ

4.0エマがすごい

MA2030さん
2019年2月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

エマトンプソンのトラヴァース夫人が秀逸!過去に囚われている頑固な女流作家を魅力的に見せてくれます。さすが名女優。トムハンクスの人間臭さのあるウォルトディズニーもよかった。
ただタイトルは原題の方がしっくりきたんじゃなかろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
MA2030

4.5You need to forgive other girl. 名作の誕生秘話

アキ爺さん
2019年1月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アキ爺

3.0現実的

akikiさん
2018年11月13日
スマートフォンから投稿

メリーポピンズについて、前準備が無かったのであまり入り込めなかった…。
あと、ウォルトディズニーってこんな人だったのかな?となんとなく思った。
現実の難しさを描いていて、大人向けのディズニー映画だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
akiki

4.0期待通り!

ジジさん
2018年9月16日
iPhoneアプリから投稿

トムハンクスがウォルト・ディズニー役なんて絶対最高じゃん!と思って見たけど、やっぱり最高だった!

というか、エマトンプソン演じるメリーポピンズの生みの親パメラとコリンファース演じる最愛の父とのやりとりが最高。
そして切ない。
お父さんが娘の感性をとても大切にしているのが本当に素敵だなって思う。

ラストも好き。

おススメです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジジ

4.0ぱっと見はフーンだけど、皆さん「お仕事である」と考えると、しみじみ...

2018年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ぱっと見はフーンだけど、皆さん「お仕事である」と考えると、しみじみする。働くって大変だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに

4.0名作の意味。

2017年10月27日
PCから投稿

「メリーポピンズ」があそこまで世界中の人たちに愛され、名作と言われているのかがよくわかりました。邦題じゃなくて原題の方にグッっときますね。

久々に本当に感動しました!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

3.5これだけ意固地で嫌味な主人公はディズニー映画には珍しい。 ただそれ...

2017年10月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

これだけ意固地で嫌味な主人公はディズニー映画には珍しい。
ただそれすらも洗い流してしまうくらい物作りというものは素晴らしく、やり甲斐のあることなんだと教えられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じゅんぺい

4.0メリーポピンズ作成秘話

ガーコさん
2017年6月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

相当手強い頑固叔母さんだと思ったら、まさかのメリーポピンズの原作者でした。

あの可愛らしい夢のある作品とは正反対のお堅い女性。

原作のイメージを大切にするため、ちょっとした制作変更にも激怒の嵐…。

何故彼女はそんなにもこだわりを持っていたのか?

そこには、幼少期の父との思い出が影響していました。

銀行員だった父が酒に溺れ、家庭がどんどん崩壊してゆく中、幼い少女は、家族の幸せを見つけようと必死でした。

そんな中、家庭崩壊の危機を救ってくれたのがメリーポピンズのような素敵な女性の存在でした。

あのメリーポピンズには、大好きだった父との思い出と、家庭を救ってくれた給仕の女性が描かれていたのですね。

風の強い日、彼女が傘を持って飛んでくる映像が、今でも脳裏に焼き付いています。

まさに救世主ですね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

5.0バンクス氏を救え

いくらさん
2017年6月7日
iPhoneアプリから投稿

これを見てしまうと、メリー・ポピンズよりも美しい景色を見てしまったような気持ちになる。
やはり空想よりも、現実味のあるストーリーが個人的に好きな私には、こちらの映画の方が合っているようだ。

日本語版タイトルよりも英語版タイトル(確かSaving Mr. Banksだった気がする)の方が好み。

エマ・トンプソンの演技も好きだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いくら
「ウォルト・ディズニーの約束」の作品トップへ