劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME

劇場公開日

  • 予告編を見る
劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

美しい北陸の四季を背景に、祖母の経営する温泉旅館に住み込みで働くことになった東京生まれの女子高生の成長を描いたTVアニメ「花咲くいろは」(2011年4~9月放送)の劇場版。温泉旅館「喜翆荘(きっすいそう)」での住み込み生活にも慣れた松前緒花は、次第に変化していく自分に気づきはじめていた。そんなある日、緒花のクラスメイトでライバル旅館「福屋」のひとり娘・和倉結名が、女将修行のため喜翆荘にやってくる。自由奔放な結名に振り回されながらも、面倒をみていた緒花だったが、物置の中であるものを見つけて……。監督の安藤真裕、脚本の岡田麿里、アニメーション制作を担うP.A.WORKSほか、TVシリーズのスタッフが再結集。

2013年製作/66分/G/日本
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2012 花いろ旅館組合

映画レビュー

4.0母と娘、3代に渡る成長期

ローチさん
2018年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

本作はTVシリーズが本編となるものの、劇場版で、上映時間も66分と短くファンサービス的な面があるのだと思う。しかし、本作は単独の作品として、母と娘の物語として非常に完成度の高い作品だ。

TVシリーズは、働くことをテーマにした作品だが、この映画版は主人公とその母、そして母の母、主人公から見ると祖母にあたる、母娘3代の葛藤と許しと的確に詰め込んで描いている。

亡くなった夫の影から、そして母親の影から自由になりたい、そして輝きたいという思いと時を経て、母への理解が深まり、次第に共感に変わっていく様、同じような道を通ってきたことに気づいた時に見える母の別の顔。それに気づくことは人としての成長した瞬間。

脚本の岡田麿里とP.A Worksの組み合わせは『さよならの朝に約束の花をかざろう』が素晴らしい出来だが、こちらも「母の物語」も優秀な作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローチ

5.0働くがテーマ!

ちあきさん
2017年5月9日
PCから投稿

TVアニメ版(本編)のサイドストーリー的な感じでしょうか?

劇場版を観るか観ないかは、本編視聴後に判断するのでいいと思います。本編が好きならお勧め。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちあき

4.0最高峰の映像美に生きるキャラクター

じゅんさん
2016年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
じゅん

4.0ほびろん!

2014年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

アニメは観ていたけど、映画は観てなかったのでいまさらながら。

映画館で正規の値段払ってみるのはためらう(実際観にいかなかったわけだし)けど、DVD視聴ならちょうどよかった。

時間は1時間ほどと短めだけど、だらだら間延びさせるわけでもなくあっという間の1時間でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りきまる
すべての映画レビューを見る(全9件)