耳をかく女

劇場公開日

耳をかく女
0%
75%
25%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

孤高のミュージシャン・加地等の晩年を記録したドキュメンタリー「加地等がいた 僕の歌を聴いとくれ」や、TAMA NEW WAVE2011でグランプリを受賞した劇映画「私の悲しみ」が相次いで劇場公開された新鋭・堀内博志の監督第3作で、「耳」をテーマに若者の心の揺れをリリカルに描いた青春ドラマ。3・11の震災時、部屋に置き去りにされたことがきっかけで恋人の修一と別れた絵菜は、大学在学中に内定をもらっていた企業から震災の影響で内定を取り消され、いまも就職活動を続けていた。しかし、消極的な性格な上に、原因不明の難聴に悩まされて補聴器が手放せず、思うように就活が進まない。そんなある日、絵菜は大学時代の同級生と偶然再会し、彼女が働いているという耳かき店に誘われる。

2012年製作/107分/日本
配給:パーフェクトワールド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

4.081点

2014年3月21日
PCから投稿

楽しい

萌える

ジワジワわらいがこみあげてくる

笑わせる表現とかではなくて
 この作品の目線が ずいぶん一般庶民目線なのです
  「あ~ありそ~」とか「あーわかるわ~」とか
その他ずいぶん想像性を突きすぎてくるポイントがあるんで
             思わずわらってしまう

大震災・補聴器・みみかき屋って気になるキーワードはあるけど
 がっつり重くそれらのテーマがあるわけじゃない。
あくまで主人公が現代をいきる様が描いてある

 一つ一つの場面で監督さんのいめーじがステキに仕上がっており
  トータルで綺麗につながっており見やすい
できれば、男性キャラのエピソードは無くても良かったような。

 役者さんも無名にちかい人ばかり。
  スゴク統一感があり
       ないすキャスト ✧٩( 'ω' )و

主人公の容姿が個性的にかわいい。
 は~、おっぱいみたいな~って思ってたらみれたので
  そ~ゆ~ところも 正直うれしい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画電気(びりびり)
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「耳をかく女」以外にこんな作品をCheck-inしています。