くちづけ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
くちづけ
くちづけ
29%
48%
14%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

劇作家で俳優の宅間孝行が主催し、2012年をもって解散した劇団「東京セレソンデラックス」の名作舞台を、堤幸彦監督、貫地谷しほり主演で映画化。知的障害のため、心は7歳児のままの女性マコは、元人気漫画家の父親いっぽんに連れられ、知的障害者の自立支援グループホーム「ひまわり荘」にやってくる。無邪気で陽気な住人たちに囲まれ、のびのびと日々を送るマコは、そこで出会った男性うーやんにも心を開いていく。ようやく見つけた理想の場所で娘が幸せになれば、いっぽんも漫画家として復帰できるかと思われたが、やがてひまわり荘の一同に厳しい運命がふりかかる。

2013年製作/123分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2013「くちづけ」製作委員会

映画レビュー

4.5ひとりでも多くの方に

ふぁぶさん
2020年12月28日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

楽しい

私は重度知的障がい児の親です。

障がい者とその家族にとって「差別・偏見」に匹敵する障壁は「無関心」。

この映画が障がい者に関心を持っていただくきっかけになるといいなぁ…と感じました。

重いテーマの中に笑いあり、涙あり。
ストーリー展開のテンポもよく、飽きずに観られます。

映画としても良い作品だと思います。
ひとりでも多くの方に観て欲しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふぁぶ

1.0問題と可哀想だけを強調した映画

2020年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

知的

この映画を観るくらいならば、、
映画『海洋天堂』や『ギルバートブレイク』、『誰もが愛しいチャンピオン』、
漫画『ひまわり』、
児童文学『ぼくのお姉さん』、
専門書『発達障害の豊かな世界』
を見てほしい、読んでほしい。。

この映画で問題だ、可哀想と感じた方は、その後何をしている?
宅間氏は、監督は何をしている?
ボランティアの受け入れ先はたくさんあるけれど、行動したのだろうか?
劇場で、映画館で、自宅で、「可哀想」「問題だ」と言って、さも、意思高い系で優越感に浸るには良い映画。
でも、それで、感想述べて、他者を批判して終わり?
貴方は何をする?

リサーチは良くしてある。言いたいことも明確。
でも、この映画の企画者・脚本家・監督は、実際に知的障碍者や保護者・関係者と生活レベルで喜怒哀楽を共にしたことはないんだろうな。
”問題”のリサーチとして、彼らを対象者として”観察”・”調査”したことはあるのだろうが。
貫地谷さんも、自分の演技の参考に、施設を訪問したというが、演技の為だけなんだろうな。

親亡き後も、障害を持つ子が生きていけるように頑張っている方々を知っているだけに、いっぽんの気持ちはわかるものの、怒りがわいてくる。
 知的障碍者と関わって、日々頭を悩ませているけれど、彼らの生きる力にはっとさせられている身には、受け入れ難く…。
 ホームレスはダメだって。ホームレスだって、彼らなりに生きているとホームレスとつきあって思った。しかも”派遣村”とか、ホームレスを支援する人もたくさんいて、そういう中で、その人なりの生き方見つける人だっているし。親としたらホームレスとなった子を見たくないのはわかるけど。山下画伯だって、ある意味ホームレス。

確かに現実は厳しい。彼らが暮らせる施設を作ったって、逃げ出しちゃえばね。年金を充実させたって、キャッチセールス等彼らを餌食にしようとしている輩はたくさんいるし。簡単なことではない。制度を作れば済む問題ではなく、施設を作れば済む問題ではない。やっぱり人が生きていくには人が大事。

学歴社会を信じている人は、せめて高校を卒業しなければ、いい就職先に就けないと信じている。
でも、学歴よりも、技能よりも、大切なのは、自分が役に立っていると思える有能館。無理させて、その命の灯を消している保護者がなんて多いことか。
就労支援のスタッフが、「学歴があっても、職場のマナーができていない方が、学歴がなくとも、職場でのマナー(ごめんなさいと、ありがとうや、毎日職場に通うこととか)ができている方が、就労困難」とおっしゃっていたっけ。

彼らなりの自立を考えて、頑張っている人はたくさんいるんだよ。
誰かの負担になると決めつける前に、相談してほしかった。三人寄れば文殊の知恵と言うじゃない。袖すりあうも他生の縁。支援しているつもりでたくさんのものを貰っていると言うのは皆が言うセリフ。なにより、いっぽんがマコからもらったものは限りないんじゃないかなあ。負担と考えるのもわかるけど、いっぽんがマコからもらった幸せをおすそ分けするってかんがえてもいいのじゃないかな?
まあ、そんな綺麗事で済む問題ではないけれど。皆自分のことで一杯だし。

なんて、自分が、そういう方々と関わって、直球勝負の知的障害者の批判にへこみながらも、貰ったものもたくさんあるから、やはりいっぽんの思いには賛同しがたい。

まあ、知的障害者を取り巻く環境をわかりやすく、インパクトを与える方法で示したという点では価値ある作品です。(年金使い込む親は確かにいる。でも障害者の親だけじゃない。子どもの給食費や教材費、児童扶養手当を使い込む親はたくさんいる)

とはいえ、貫地谷さんと宅間さんの演技はちょっとね。よく特徴をとらえていらっしゃるけど、時々素に戻る。長い台詞やアップが多かったから仕方ないけど。
『海洋天堂』のタ―フ-を演じたウェン・ジャン氏や『ギルバート・グレイプ』のアーニ―を演じたディカプリオ様には及ばなかった。
島田さんともうひと方は凄かったけど。
演技的に良かったのは、田畑さん。親族としての苦しさと愛おしさがとても伝わってきた。

親が子に残さなきゃいけないものって何だろう。障害児を抱えられる親御さんだけでなく、すべての親に考えていただきたいです。
その切り口としては、価値のある映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

1.0切ないけど、感動はしない。

2020年10月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おうパパさん

0.5無茶苦茶やな

2020年1月6日
PCから投稿

最後に精神障害者の娘殺すんですよ、止めてください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシンⅡ
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「くちづけ」以外にこんな作品をCheck-inしています。