ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!
44%
39%
17%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ローザンヌ国際バレエコンクールと並ぶ世界最大級のバレエコンクール、ユース・アメリカ・グランプリに挑む若きダンサーたちにスポットを当てたドキュメンタリー。自身も幼少時代をバレエに捧げた経験を持つ女性ジャーナリストのベス・カーグマンが監督を務め、ニューヨークで開催される最終選考に出場する6人に密着。撮影・編集に2年の歳月を費やし、個性豊かな子どもたちの素顔や家族のドラマを浮き彫りにしていく。

2011年製作/94分/G/アメリカ
原題:First Position
配給:セテラ・インターナショナル、ミモザフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)First Position Films 2011

映画レビュー

5.0頑張れる♪

EMIさん
2015年6月14日
Androidアプリから投稿

当時見たとき絶対DVD買おうと思って、まだ未購入。。大人っぽい車乗り回す女子高生の子に胸キュン。可愛すぎる。
それぞれ夢があって素敵だ、モチベーションあがる!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
EMI

4.5ダンサーの世界

Emmaさん
2015年3月27日
iPhoneアプリから投稿

バレエをやっている人だったら一度は見てほしい作品。
本当に素晴らしい。感動しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Emma

5.0素晴らしき子供たち

2013年1月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

幸せ

 「ファースト・ポジション」は特別変わった技法を使っている訳ではない。何人かの子供たちに焦点を合わせ、練習風景を交えつつ彼らのバックグラウンドを紹介する。だがこの映画がすばらしい作品であることは間違いない。そしてその“魔法”を起こしているのは、紛れも無くその子供たちなのだ。

 まずこの映画に選ばれた子供たちが非常に多種多様である。アメリカ人のアランはイタリアに在住。イスラエルの友達ガヤとともにYAGPのヨーロッパ予選から出場する。普段の2人はいたって普通の子供だ。だがガヤの母親が言うように、バレエとなると顔つきが変わる。
 日系イギリス人のミコは弟のジュールズとともにファイナルへ挑む。しかし心からバレエが好きなミコと違い、ジュールズはさほど熱心ではなく明らかに技量も劣る。異常なほどまでに子供たちのことを気にかける母親との交流もある意味見所だ。
 「バービー」のあだ名を持つレベッカはこの映画に出演した子供たちの中では、一番恵まれている。金髪の白人で手足が長く、女性バレリーナらしい繊細さも持ち合わせている。でも自信満々な彼女が大会の前に見せる不安そうな表情から、いかにバレエの道が狭いのかよくわかる。
 そして何より心を打つのがコロンビア出身のジョアン、そしてシエラレオネ出身のミケーラだ。家族と離れ、単身ニューヨークへ渡ったジョアンは家族の期待を一身に背負っている。彼が家族と電話をするときに見せる、嬉しいような困ったような表情はその複雑な気持ちを物語っている。ミケーラの両親は反政府勢力に殺された。ミケーラ自身は孤児院から引き取られて、今は養子としてアメリカで暮らしている。黒人のバレエダンサーは珍しく、体つきも筋肉質なミケーラは奇異な目で見られがちだ。だが彼女が踊り始めると、そんなものはすべて吹き飛ぶ。

 なぜ彼らがそこまでバレエに打ち込むのか。90分という短い時間の中で、監督は無駄をすべて省いてバレエを知らない人にも伝わるように上手く描いている。もちろん彼らの技術にも驚かされるのだが、なんといっても素晴らしいのは練習の成果を見せる、ファイナルでの演目。私はバレエに関して全くの素人だから「あの子はここがすごい!」と具体的に言える訳ではない。だが彼らがひとたび舞台袖から登場すると、誰もが息を止めて画面からひと時も目を逸らすことができない。もちろんバレエシーンは編集されているからほんの数秒でしかない。それなのに彼らのバレエは人を引きつけてやまないのだ。

 様々な逆境を乗り越えて、彼らが披露するバレエは本当に素晴らしい。この映画にあるのは偽りの無い本物の感動だ。
(2013年1月13日)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キューブ

4.5夢を信じ、日々努力して生きる子供達の姿が輝いている!

2012年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

幸せ

このドキュメンタリー映画は、「ユースアメリカグランプリ」と言う世界でも、最も権威有るバレエコンクールに挑戦する為に、世界中から集まるリトルダンサーの中から、6名の練習に明け暮れるダンサーの日々に密着取材をして、栄え有る将来を自らの身体で勝ち取るまで、日夜練習に励むその6名のバレエダンサーの青春物語の記録映画である。

この映画を観ていたら、かつて、日本のある有名なプリマドンナが、バレエの練習の厳しさをこう言っていた事を急に思い出した。
「もし、練習を1日サボったら、それを取り戻すのには3日かかる。そして、2日練習をしなかったとしたら、自分の踊りを見ている仲間に、練習をサボってしまった事が、悟られる。もし3日も連続して練習をしなかったとしたならば、完全に観客に練習不足がばれてしまう!練習は1日たりとも休む事などは出来ないのだ!」とその彼女は言っていた。

この広い世界中で、バレリーナを夢見て、ダンスの練習に日々励んでいる、子供達の人数は、一体どれ位の延べ人数になるのだろうか?
先ず始めに、世界中から集まる、コンクール挑戦希望者を5千人選び出し、そしてまた300人のダンサーに選び出すと言う、そして最終的にイギリスのロイヤルバレエスクールなどに奨学金を得てバレエ留学出来る幸運な、リトルダンサーを選考すると言うコンクールだ。
このコンクールで、入選に漏れても、世界中からこのコンクールの模様を観に集まる、世界各国のバレエ団のスカウトマンの目に適えば、スカウトをされ、プロのダンサーとして入団を受けられる事も有り、バレエダンサーにとっては、数少なく、しかも最もハードルの高い、まるでオリンピック並みの、プロバレエ界デビューの登竜門である。
この映画で、取材を受けた6名のダンサー達は、それぞれ出身国も違えば、経済的な生活レベルも様々であり、同じゴールを目指す子供達で有りながら、そこから発生する苦難の道のりも実に様々であった。
しかし、彼らに共通している事は、踊りが何よりも好きで、好きでたまらない!と言うことだけだ。しかし、その踊りに懸ける情熱の姿を観ている私達は、元気を一杯貰えるのだ!
一つの事に打ち込んでいる人間の情熱溢れる姿を観ていると、その情熱が伝播する!
そして、コンクール挑戦者の誰もが、バレエに情熱の総てを懸けているのだが、審査員達は更に、その彼らの中から、踊りの技術と、ダンサーとして均整の取れた身体の美しさと、ダンスに懸ける情熱と、彼らの将来の才能を見極めるのだ!
この映画を観ていると子供達は勿論の事だが、その家族やダンスのコーチや審査員も含めた、ダンサーらを取り巻く総ての人々の暖かさや、愛情に感動する!
この映画には、自分を信じて、日々努力を重ね生きている事の大切さ、人間の可能性に懸ける人々の姿の美しさと厳しさと、その彼らに協力する人々の素晴らしいチームワークの力に励まされ、生きる事の素晴らしさが観客の胸に迫り来る、是非これを観て、あなたもご自分の素晴らしい、世界を生き抜いて欲しい!!あなたの夢に向かって!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」以外にこんな作品をCheck-inしています。