戦争孤児から世界的バレリーナになったミケーラ・デプリンスの半生が映画化

2015年3月29日 18:30

20歳のバレリーナ、ミケーラ・デプリンス
20歳のバレリーナ、ミケーラ・デプリンス

[映画.com ニュース] 米MGMが、アフリカのシエラレオネ出身の20歳のバレリーナ、ミケーラ・デプリンスの自伝「Taking Flight: From War Orphan to Star Ballerina」の映画化権を獲得したと、米Deadlineが報じた。

デプリンスは、ローザンヌ国際バレエコンクールと並ぶ世界最大級のバレエコンクール、ユース・アメリカ・グランプリに挑む若きダンサーたちにスポットを当てたドキュメンタリー「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」でフィーチャーされたひとり。

内戦下のシエラレオネで孤児となり、4歳のときにアメリカの養父母に引き取られた。実父は射殺され、実母は餓死したとされる。孤児院時代には、皮膚疾患のせいで「悪魔の子ども」と呼ばれていじめられたという。だが、渡米してからバレエを始めてその才能を開花させた。

デプリンスはアメリカン・バレエ・シアター付属バレエ学校を卒業後、ダンス・シアター・オブ・ハーレムを経て、現在はオランダ国立バレエ団に所属している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース