ペコロスの母に会いに行く

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ペコロスの母に会いに行く
32%
46%
21%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「喜劇・女は度胸」「男はつらいよ フーテンの寅」などで知られる名匠・森崎東監督が、「ニワトリはハダシだ」(2003)以来10年ぶりに発表した監督作。62歳で漫画家デビューを果たした岡野雄一の介護日誌コミック「ペコロスの母に会いに行く」「ペコロスの玉手箱」を原作に、離婚して子連れで故郷の長崎に戻った主人公ゆういちと、85歳になりグループホームで暮らす認知症の母みつえの心温まる日常を描く。ゆういち役で岩松了が主演、母みつえ役に赤木春恵。そのほかのキャストに加瀬亮、竹中直人、大和田健介ら。原田知世と原田貴和子が約20年ぶりに姉妹共演も果たしている。

2013年製作/113分/G/日本
配給:東風

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2013「ペコロスの母に会いに行く」製作委員会

映画レビュー

3.5割とふざけてる

2019年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

S生命が大々的に協賛しているので、
リアルな介護の話かと思ったら、結構なファンタジーでした。

認知症の人の心理描写は、常に想い出の中で、
現実は子供のことすら忘れていく。
それでも支えてくれる人がいるのは、その人の生き様。
自分は「今を生きてる」ことを実感しました。

ラストのベビーカーとすれ違うシーンはちょっとやりすぎ。
でもそーゆーことだろうな。
ベビーカー押してる人にも注目。

ペコロスのヅラはちょっと不自然。竹中直人よりはいいけど。
長崎の赤線で会う友人同士、
最初はひょっとして?くらいにしか思わなかったが、
祭の終わりでやっと分かった、原田妹だって。

意外にも泣きより笑いが多い内容でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クリストフ

4.5名匠・森崎東監督作を観れた

NOBUさん
2019年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

幸せ

老いてぼけの始まった母親と出来の悪い息子のほんわかストーリーだが、戦争の悲惨さも盛り込んだ良作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.0長崎に原爆が投下されて70年。丁度8月9日にこの作品を観た。

kossyさん
2018年11月27日
PCから投稿

 岡野雄一は離婚して息子のまさきを連れて長崎の故郷へ。父親(加瀬亮)は10年前に亡くなり、その事実さえも母親みつえ(赤木)は忘れがちなほど。徘徊もきになるし、なんとかしたいと思ってた矢先にケアマネージャーの勧めでグループホームに入所させた。

 みつえの回想シーンと現在の映像が交互に映し出されるのであるが、回想シーンがとても気になる内容だった。戦時中、仲の良かった千恵子と離れ離れになり、彼女は長崎へと引っ越していったのだ。原爆で死んだと思っていたが、彼女は生きていた。つてを頼って夫と探しにいくも、彼女は売春宿の女郎となっていたのだ。それでも手紙を書き続ける光江。売春防止法が成立した後で、彼女が手紙をくれた。しかし、それは千恵子が原爆後遺症で亡くなったあとに同僚が出してくれたものだったのだ・・・

 現在の認知症はほのぼのと笑いを交えて描いてあるが、光江の人生で残っているのは素敵な思い出ばかり。家族や周囲の人たちは苦労するのだが、本人の心の中は本当に幸せなのだと伝わってくる。

 グループホームに入所してきた本田(竹中直人)の母親。彼もまたヅラネタで勝負してくると予感させるのだが、しらじらしくなくてホッとした(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.5大変な時代を生きてきた人たち

n.yamadaさん
2018年5月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

介護の仕事に携わる人間にしたら、あるあるネタ満載の作品。

長崎の人は特にそうだけど、赤木春恵演じる主人公の世代の人たちは、大変な時代を生きてきた人たち。大事にしなきゃいけません。

ただこの作品は、それほど心に響きませんでした…
長崎弁がちょいちょいわからなかったからかな?

とりあえず、竹中直人のヅラネタには笑わせてもらいました(^o^)
さすがの名人芸(^^)b

ってゆーか、グループホームのスタッフの男、3年B組の加藤優(直江喜一)かぁ~(°0°)‼

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ペコロスの母に会いに行く」以外にこんな作品をCheck-inしています。