ペコロスの母に会いに行く
ホーム > 作品情報 > 映画「ペコロスの母に会いに行く」
メニュー

ペコロスの母に会いに行く

劇場公開日

解説

「喜劇・女は度胸」「男はつらいよ フーテンの寅」などで知られる名匠・森崎東監督が、「ニワトリはハダシだ」(2003)以来10年ぶりに発表した監督作。62歳で漫画家デビューを果たした岡野雄一の介護日誌コミック「ペコロスの母に会いに行く」「ペコロスの玉手箱」を原作に、離婚して子連れで故郷の長崎に戻った主人公ゆういちと、85歳になりグループホームで暮らす認知症の母みつえの心温まる日常を描く。ゆういち役で岩松了が主演、母みつえ役に赤木春恵。そのほかのキャストに加瀬亮、竹中直人、大和田健介ら。原田知世と原田貴和子が約20年ぶりに姉妹共演も果たしている。

スタッフ

監督
企画
井之原尊
プロデューサー
村岡克彦
ラインプロデューサー
林みのる
原作
岡野雄一
脚本
阿久根知昭
撮影
浜田毅
照明
高屋齋
録音
本田孜
美術
若松孝市
アニメーション
遊佐かずしげ
編集
森崎荘三
音楽
星勝
林有三
メインテーマ曲
豊田裕子
主題歌
一青窈
音楽プロデューサー
大川正義
キャスティング
今井勉
制作担当
林みのる
助監督
荒川栄二
監督補
佐藤雅道

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 東風
上映時間 113分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全37件)
  • 大変な時代を生きてきた人たち 介護の仕事に携わる人間にしたら、あるあるネタ満載の作品。 長崎の人は特にそうだけど、赤木春恵演じる主人公の世代の人たちは、大変な時代を生きてきた人たち。大事にしなきゃいけません。 ただこの作品は... ...続きを読む

    n.yamada n.yamadaさん  2018年5月6日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 重すぎず軽すぎず 認知症の母の介護という、現実的なテーマですが、重すぎず軽すぎず、サラッと描かれていた。 主人公や周りの人物のキャラクターの明るさや、母の認知症による発言もコミカルに表現されていたことからそう感じ... ...続きを読む

    李 さん  2017年7月29日  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • 認知症の母との生活が大変になり、施設に入れる。それまでと、その後の... 認知症の母との生活が大変になり、施設に入れる。それまでと、その後の家族の葛藤を描く。 時々クスッと笑う場面もあり、すごく分かりやすかった。 認知症の現実はもっと大変なのではないかとも思った。 下... ...続きを読む

    キッスィ キッスィさん  2017年7月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

愛のむきだし 昭和残侠伝 唐獅子牡丹 笑う招き猫 GONIN
愛のむきだし 昭和残侠伝 唐獅子牡丹 笑う招き猫 GONIN
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「ペコロスの母に会いに行く」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi