ザ・スイッチ

劇場公開日:

ザ・スイッチ

解説

「透明人間」「ゲット・アウト」などホラー、サスペンスの話題作やヒット作を数多手がけるジェイソン・ブラムが製作、「ハッピー・デス・デイ」シリーズのクリストファー・ランドンが監督を務め、気弱な女子高生と連続殺人鬼の身体が入れ替わってしまったことから巻き起こる恐怖を描いた異色ホラー。家でも学校でも我慢を強いられる生活を送る冴えない女子高生のミリー。ある夜、アメフトの応援後に無人のグラウンドで母の迎えを待っていた彼女に、背後から指名手配犯の連続殺人鬼ブッチャーが忍び寄る。鳴り響く雷鳴とともにブッチャーに短剣を突き立てられたミリーだったが、その時、2人の身体が入れ替わってしまう。24時間以内に入れ替わりを解かなければ、二度と元の身体に戻れない。ミリーは新たな殺戮を企てるブッチャーを相手に、自分の身体を取り戻そうとするが……。「名探偵ピカチュウ」「スリー・ビルボード」のキャスリン・ニュートンがミリーに扮し、ブッチャーと入れ替わり後は手当たり次第に殺戮を企てる殺人鬼を熱演。一方、中身は女子高生で自分の身体を取り戻そうするブッチャーをビンス・ボーンが演じた。

2020年製作/102分/R15+/アメリカ
原題:Freaky
配給:東宝東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

映画レビュー

3.5いろいろあるけどヴィンス・ヴォーンが可愛い!

2021年4月30日
PCから投稿

入れ替わりものに小うるさくいうのも大人気ないですが、ご都合主義的な展開は少なからずあって、ルールの整合性についてもちゃんとしてるのかしてないのか随分考え込んでしまった。まあ、リアリティラインが甘めの作品なので、多少ムリはあっても、楽しく観らればそれでいい。

楽しさという点では、もうヴィンス・ヴォーンの女子高生演技がちゃんと可愛いということに尽きる。こういうアイデア勝負の作品において、演技がちゃんとしていることがいかに大切かがよくわかる。ジェンダーの問題を扱ってるわりに踏み込みが甘く感じたりはするのが、ヴィンス・ヴォーンの可愛さに身を捩っているだけでも観る価値は十分にあるんじゃないでしょうか。いや、ヴォーンだけじゃなくメインキャストがみんなおしなべて魅力的でした!

コメントする (0件)
共感した! 7件)
村山章

3.0入れ替わり系ホラー

2022年11月13日
PCから投稿

『ゾンビーワールドへようこそ 』『ハッピー・デス・デイ』と良質なホラーコメディを連発するクリストファー・B・ランドン監督の入れ替わりホラー。そして安定のブラムハウス!

殺害シーンで一部グロはある物の大半がカメラワークや勢いのある演出で見せているのでグロ度は低め。

入れ替わり系映画あるあるな違う身体でのトラブルや周囲の反応も面白い。

殺人鬼の目つきをしたキャスリン・ニュートンの演技が上手いし、JKなヴィンス・ヴォーンが可愛い。

入れ替わったから殺人が控え目になる事もなく、バンバン人が殺されていくのでスラッシャー映画として期待通りのシーンを観れる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
エス

3.0最後

2022年11月3日
iPhoneアプリから投稿

賛否両論ある気がしますが概ね楽しかったです。
日本だとあるあるな話ですが実写になるとまた違った怖さありますね

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ビタミン

3.5想像以上

2022年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

最初なんでこの作品をリスインしてるか全く理解できず後悔の中で見始めた。あまりにオーソドックスな恐怖映画のスタイルで始まったからだ・・・でも突然事態は一変する。ネタバレになるのでこれ以上はツッコまないが、なるほどこう来たかのまさかの新スタイル・・・それでいてしっかり怖がらせるところは怖がらせる。その辺は一流の風格か・・・ともあれ見て損はない作品。それ以上に🎦明日への地図を探してのキャサリン・ニュートンが相変わらず綺麗でした(笑)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mark108hello
すべての映画レビューを見る(全172件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る