東京伝説 蠢く街の狂気

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東京の街に蠢く戦慄の都市伝説を、霊的な超常現象を一切排除してリアルな描写で映像化。原作は、「『超』怖い話」シリーズで人気の小説家・平山夢明が、現代社会に生きる人間の心の闇に潜む狂気を聞き書きした実話恐怖譚『東京伝説』(竹書房・刊)。監督は「富江」の及川中。映画初主演の国分佐智子が、精神的に過酷な恐怖シーンも体当たりで演じる。

2004年製作/79分/日本
配給:竹書房

ストーリー

狂気が群発する巨大都市・東京。都心のマンションにデザイン事務所を持つ大沢裕美子(国分佐智子)の周囲には、近ごろ些細だが気味の悪い出来事が、立て続けに起こっていた。明け方に何度もチャイムを鳴らす奇妙な女。隣室から聞こえてくる幼児虐待の気配。そして、ある日届いた手に取るのもおぞましい異様な手紙。そこには「おまえは おれと けっこんする」という文字が書かれており、古めかしい便箋は、一度破り捨てられたものをピアノ線で縫い合わせたものだった。そんな不安な生活の中、裕美子は今まで出席したことがなかった中学時代の同窓会に出席した。しかし、そこに彼女宛に届けられた贈り主不明の封筒からは、中学時代の裕美子の血まみれの写真が! やがて、消えかけていたおぞましい記憶が、裕美子の脳裏をよぎる……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
及川中
谷村典子
原作
平山夢明
企画
高橋一平
製作
伊藤明博
プロデューサー
加藤威史
山崎伸介
撮影
西村聡仁
美術
十時かの子
照明
福田祐佐
編集
西保典
衣装デザイン
十時かの子
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る