地上より何処かで

劇場公開日

0%
43%
57%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

奔放な母とクールな娘の自立と成長を描いたヒューマンドラマ。監督は「チャイニーズ・ボックス」のウェイン・ワン。脚本は「普通の人々」のアルヴィン・サージェント。原作はモナ・シンプソンの同名小説(早川文庫刊)。撮影は「クンドゥン」のロジャー・ディーキンズ。音楽は「スリーピー・ホロウ」のダニー・エルフマン。出演は「グッドナイト・ムーン」のスーザン・サランドン、「スター・ウォーズ エピドード1:ファントム・メナス」のナタリー・ポートマン、「ダイ・ハード2」のボニー・ベデリア、「パラサイト」のショーン・ハートシーほか。

1999年製作/114分/アメリカ
原題:Anywhere But Here
配給:20世紀フォックス映画

ストーリー

1995年夏。派手で奔放な性格のアデル(スーザン・サランドン)は、14歳の娘アン(ナタリー・ポートマン)と、78年型ベンツに乗ってウィスコンシン州ベイシティからL.A.のビバリーヒルズに引っ越してきた。安アパートに居を定め、教職を得たアデルだが、やがてお金は底を尽き、夜逃げ同然に引っ越し。クリスマスイヴには駐車違反で警官に尋問される始末。ある日、アデルはビーチで歯科矯正医ジョシュ(ハート・ボクナー)と知り合って夢中になる。母の自分への深い愛情を感じつつも呆れるアン。平穏無事な普通の暮らしを望むアンは、友人たちのすすめでラスヴェガスに住む別れた父親に電話するが、金を無心するアデルの差し金と思われて傷つく。アンは17歳になり、地元のUCLA進学を勧める母に黙って東部のブラウン大学に願書を出す。自分から娘が黙って離れようとしたことを知り、ショックを受けるアデル。だが、娘を愛する彼女は記念のベンツを売り、アンのために学資をつくった。アンが東部に旅立つ日。母と娘に新たな人生が始まろうとしていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0サランドンとポートマン

kossyさん
2019年12月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 2度目の父と再婚、そして母娘で引越し。自分は教師になり、娘にはハリウッドスターになってもらうという偉大な計画。「父親テッドはいい人だったのに・・」と母親の生き方に反発するアンだった。
 金も底をつき、夜逃げ同然で引っ越す二人。歯科医のジョシュに夢中になる母親にも呆れてしまったアンだった。なにかと故郷にも連絡をとってしまったり、いとこのベニーも死んでしまったり、悲しいこともあった。それに給料が安いと言って、さっと教師を辞めてしまったり・・・

 17歳になったアンは母親の元を抜け出したくて東部のボストン大学を内緒で受ける。奨学金だけでは金が足りない・・・それを知ったママは二人の思い出でもある金色のベンツを売ってしまうのだ。

 人生の転機ともいうべき場面で警官に違反キップを切られそうになる。2回とも母娘ケンカや悩みをぶつけることで、いいアドバイスをもらったりする。サランドンの破天荒ぶりと、純情なポートマンがとてもいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5スーザン・サランドンの飛びすぎた母親との心の葛藤を思春期の娘役のナ...

miharyiさん
2018年10月18日
PCから投稿

スーザン・サランドンの飛びすぎた母親との心の葛藤を思春期の娘役のナタリー・ポートマンが輝くように演じています。
しかし、スーザンも、こんな母親役をよく引き受けたもんだと多少脚本に腹が立ちました。
腹を立たせるほど演技が上手いということでしょう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

3.0母と娘、くっ付いて離れたがる不思議な関係

2012年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

知的

わがままで、自分本位で勝手に子供を振り回すママ(スーザン・サランドン)とその母からの独立、自立を願う娘(ナタリー・ポートマン)
のほぼ二人の物語。

何となく、娘、と母の確執っていうか、複雑な愛情と憎しみ。
これが混ざった微妙なティーンの心情をナタリー・ポートマンが
うまく演じています、この頃はまだまだの頃でしたが
いまは流石の大ハリウッド女優ですからね。

なかなか、話す事が無い娘さんはこの映画を観たら
母に連絡取りたくなります。
とくに、とんでもない、けど愛すべき母親だったら。
皆さん、興味あれば観てください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
としぱぱ
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る