ブラック・スワン

ALLTIME BEST

劇場公開日:

ブラック・スワン

解説

ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス共演の心理スリラー。ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ポートマン)は、元バレリーナの母とともに、その人生のすべてをダンスに注ぎ込むように生きていた。そんなニナに「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが巡ってくるが、新人ダンサーのリリー(クニス)が現れ、ニナのライバルとなる。役を争いながらも友情を育む2人だったが、やがてニナは自らの心の闇にのみ込まれていく。監督は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー。主演のポートマンが第83回米アカデミー賞で主演女優賞を獲得した。

2010年製作/108分/R15+/アメリカ
原題:Black Swan
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第35回 日本アカデミー賞(2012年)

ノミネート

外国作品賞  

第68回 ゴールデングローブ賞(2011年)

受賞

最優秀主演女優賞(ドラマ) ナタリー・ポートマン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演女優賞 ミラ・クニス
最優秀監督賞 ダーレン・アロノフスキー

第67回 ベネチア国際映画祭(2010年)

受賞

マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞) ミラ・クニス
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2010 Twentieth Century Fox

映画レビュー

4.0プレッシャーがすごいんだなぁ

2022年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kame-pukupuku

4.016mmフィルムの質感

tabletapさん
2022年8月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

後に制作された『バードマン』で類似性を指摘する記事や、
ナタリー・ポートマン主演で知っていたが
痛そうな表現があって、なかなか観る機会がなかった

何と言っても16mmフィルムの質感がいい
クローズアップした構図が効果的に使われている他
どのカットもバシッと決まった構図で撮影されていてとてもいい

ルーティンを描くことで主人公の地獄を感じられ、
徐々に黒鳥になっていく姿は期待通りの展開
そして終幕も良い

やはり痛い描写があり、苦手な人にはすこしきついかもしれない。
スプラッターとは違う痛さの表現なので注意

確かに『バードマン』と同じテイスト、構成要素だが
どちらも独自の優れた映像表現が用いられているので面白い

もっと過激な内容かと思ったが、あまり突き抜けた展開にはならず
いい塩梅だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tabletap

2.0プレッシャーで大変なんだな

g@onchanさん
2022年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ナタリー・ポートマンが主演ですが、バレエの部分は吹き替えなかったそうでそれはそれですごい。
とにかく幻覚と現実に悩まされる映画ですが、あまり入り込めなかったかな。自分が男というのもあるだろうけど。
この映画の監督はほかの作品も見たけど、幻覚と現実を交互に表現する手法をとるんだけどこういう手法がどうも自分には合わない。
だからポートマンがアカデミー賞を獲ったみたいだけどそれほどかなあと思ってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
g@onchan

3.0バレエ「白鳥の湖」プリマの苦悩。 プレッシャーに不安、恐怖、幻覚、...

2022年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

バレエ「白鳥の湖」プリマの苦悩。
プレッシャーに不安、恐怖、幻覚、妄想。
ラストは圧巻の一言。
場面それぞれにに音楽が合っていて、展開の盛り上がりがあって良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー
すべての映画レビューを見る(全261件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る