ムーミン(1971)

劇場公開日:

解説

テレビで放映されていたトーベ・ヤンソン原作の『ムーミン』の映画化。

1971年製作/25分/日本
配給:東宝

ストーリー

ムーミン谷に遊園地ができました。そのお祝いの日にムーミンはたつまきに運ばれてきたヘンテコリンな動物ガオガオにあいました。ふたりは仲好くなりましたが、いたずらなガオガオは、ムーミンの好きなノンノンを驚ろかせたり、ヘムレンさんのパーティーをめちゃくちゃにしたり、騒動ばかりおこしています。やがてガオガオは竜の子供だということが判明し、警察署長は、ムーミン谷の安全を考えて、ガオガオを山のむこうにつれていくことにしました。ムーミンは兄弟のように仲好くなったガオガオと別れるのがかなしくてなりませんでした。しかし、ガオガオは山のむこうに運ばれる途中でおりを破ってにげてしまいました。そして、お母さんのもとに帰っていきました。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ムーミン」シリーズ関連作品