みにくいあひるの子

劇場公開日:

解説

アンデルセンの童話、「みにくいあひるの子」の人形アニメーション化。昨年の文部省グランプリ作品。脚本・演出は渡辺和彦、撮影は平井寛と阿部行雄が担当。

1970年製作/20分/日本
原題:The Agly Duckling
配給:東宝

ストーリー

夏のさかりです。あひるのひよこたちが生まれました。最後に生まれた一羽は、灰色のみにくい子でした。仲間たちは笑ったり、からかったりしていじめます。ついにある日、みにくい子は巣を出てしまいました。でも、どこへいっても馬鹿にされて、安心して暮すことが出来ません。ある秋の夕ぐれ、美しい白鳥の群れに出会いました。みにくいあひるの子は、その美しさに深くひかれました。やがて、寒い冬がすぎてようやく春の陽がさしてきた日、ふたたびあの美しい白鳥を見かけ、みにくいあひるの子は頭を垂れて近づきました。子供の声におどろいて、みにくいあひるの子は水にうつった自分の姿を見ました。それはぶかっこうな灰色のあひるではありません。白い羽としなやかな首をもった美しい白鳥の姿でした。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る