ドカベン(1977 鈴木則文)

劇場公開日

0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

水島新司の同名劇画の映画化。甲子園出場をめざす明訓高校の野球部の活躍ぶりを描く。脚本は「武闘拳 猛虎激殺!」の掛礼昌裕、監督は「トラック野郎 天下御免」の鈴木則文、撮影は「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」の出先哲也のそれぞれが担当。

1977年製作/84分/日本
配給:東映

ストーリー

体格はずんぐりむっくり、口数は少なくいつもニコニコの山田太郎は、おじいちゃんと妹・サチ子の三人暮し。いつも、ドカベンを持ちあるいているので愛称もドカベン。明訓高校に転入してきてすぐ、ドモリの怪物といわれている岩鬼と対立。二人は、野球部主将の長島の提案により野球で勝負。長島の剛速球に岩鬼は簡単に三振し、山田も三振する。山田の素質に目をつけた長島は、山田を野球部へ誘うが、山田はこの話を断わる。数日後、山田は柔道部へ入部。そして、ユニークな特訓により、またたくまに関東高校柔道大会の決勝へ。しかし、相手が右手を負傷していることをしった山田は、自らも右手を使わず、負けてしまう。長島も、監督の命令にしたがわず、結局試合に負けてしまい、野球部を退部する。しかし、運命のいたずらというか、野球部全員が、自動車事故にあい、崩壊寸前の野球部を、長島、山田、岩鬼、殿馬らが救う。こうして、生まれた明訓野球部は、甲子園めざして突撃を開始するのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

3.0水島新司先生を偲んで

2022年1月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

原作既読
原作は『野球狂の詩』の水島新司
監督は『トラック野郎』シリーズ『温泉スッポン芸者』『パンツの穴』の鈴木則文
脚本は『空手バカ一代』の掛礼昌裕

熱血青春コメディー

右投げ左打ちの天才強打者で名捕手の超高校級高校球児山田太郎が主人公の野球漫画が原作
しかし山田がまず入部したのは野球部ではなく柔道部
原作も最初はそうだった
そういえば『タッチ』の上杉達也も野球部の前にボクシング部に入ったっけ

ドカベンと岩鬼と長島徹はオーディションで選ばれた
橋本と永島はド新人で今回が俳優デビューのためか演技がメチャクチャ下手クソ

その一方で若手ながら役者経験が豊富な高品正広は見事に岩鬼を演じきっている
原作以上に岩鬼だった

岩鬼が美女として憧れるブス夏川夏子演じるマッハ文朱がブスメイク
原作は団子っ鼻のぽっちゃりさんだが

高校生を演じている俳優の皆さんがどう見ても高校生に見えない
るいを演じる深津絵里とは違う意味で清々しいくらいの開き直り
剣道部の顔つきがやばすぎる
しかしそんな面々を圧倒するのが殿馬一人を演じた名優川谷拓三その人である
鈴木則文名監督の演出も手伝って衝撃的映像の数々

山田のじっちゃんに吉田義夫
岩鬼の父親に小松方正
校医の亀田に南俊明
担任の先生に佐藤蛾次郎
明訓高校野球部監督に中田博久

原作者の水島新司先生と息子の新太郎も映画出演
先生は元プロ野球選手で明訓高校野球部新監督徳川を演じている
当時子供だった息子は野球少年を演じている

脇役では南俊明の出鱈目ぶりが面白かった

野球を始めた途端に本編はすぐに終わってしまった

里中は登場しない

続編はない

ドカベンで野球をじっくり味わいたいなら原作を読もう
アニメを観よう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る