世界の空軍 AIR FORCE'77

劇場公開日

世界の空軍 AIR FORCE'77

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

この作品の内容は、ベトナム戦争で活躍したファントム以後、世界航空機の性能戦争の中で次々と生まれた最新鋭機の全貌をとらえ、その激しい競争の模様と、各国の現有勢力の戦闘機を中心に描いている。日進月歩の航空界の中でも、電子戦といわれる程、誘導装置にエレクトロニクスを充分に活用、駆使した軍用機の世界は、特にテンポが早い。特にアメリカでは、空中戦のため、機体の改良に力を入れ、エンジンにも改良の手が加えられ、マッハ一以上の世界が常識化された。また、通常装置として、ミサイルが登場し、強力なものと改良されてきた。ソヴィエトもスピードの点では、アメリカを一歩リードしたと言われている。その他、北欧の国なども、その特別の地形や、きびしい気象条件にあわしたものをつくり、スウェーデンなどは、世界初の逆噴射装置をつけた戦闘機を開発した。また、レーダー網にひっかからない超低空のものも現われてきた。こうして、各国は競って、より高性能の新型機の開発に余念がない。

1976年製作/90分/日本
配給:東映洋画

スタッフ・キャスト

技術指導
源田実
構成
河辺和夫
音楽
長戸大幸
ナレーション
小池朝雄
全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く