13デイズ

劇場公開日

12%
50%
30%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1962年10月16日、米軍の偵察機がキューバに建設中のミサイル基地を発見した。しかも、この基地には核弾頭が持ち込まれているという。もしそれが事実であれば、アメリカ本土が核の危機にさらされることになる。ケネディ大統領は、アメリカ合衆国建国以来の、ひいては人類全体の未曾有の危機に立ち向かうべく、緊急危機管理チームを召集した……。

2000年製作/145分/アメリカ
原題:Thirteen Days
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

写真:AFLO

映画レビュー

3.5みんな若い👍

2022年6月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

知的

ケビン・コスナーもさることながら、ブルース・グリーンウッドも若い頃から渋かった👏😁

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヒックス伍長

3.5JFKと弟のロバートの暗殺の伏線はここらへんからはじまったのかもね...

J417さん
2022年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

JFKと弟のロバートの暗殺の伏線はここらへんからはじまったのかもね。
しかし、ルメイって、東京大空襲や、広島、長崎の殺戮を積極的に進めた司令官で、WWⅡの時も、こんな感じだったのでしょうね。
日本政府は、何を血迷ったか、ルメイに勲章を授けてるんだよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J417

3.0John Paul Jones!

kossyさん
2021年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、VOD

 ケニー・オドネル大統領補佐官(ケヴィン・コスナー)の一言「パール・ハーバーの再来だな」が印象的な序盤。本格的に第3次世界大戦を憂慮し始める出来事。ほぼアメリカ側中心のの「アメリカが大戦を防いだ」と主張する映画だけど、キューバ危機という歴史の勉強にはなる。

 1962年10月14日。U-2偵察機によってキューバにソ連が持ち込んだ核ミサイルの施設を発見。当初は先制攻撃の空爆・侵攻のことばかり考えてる偉い人たち。海上封鎖派と空爆派が対立し、記者たちも不穏な動きを感好き始める。緊迫した雰囲気作りは上手い。そして25日にとったのは海上臨検。ソ連がそれを受け入れるかどうかが鍵となった・・・

 中心となるのはケニーとケネディ大統領(グリーンウッド)、それに弟のロバート・ケネディ(スティーブン・カルプ)。ベトナムへの介入があったこともさらりと口にするだけだし、キューバの革命やピックス湾事件などにはほとんど触れない。奇襲攻撃をしないのが信条だなんて笑止千万。真珠湾の逆パターンとなる世論の批判を恐れているだけだった。

 それでも戦争をやりたがってる空軍や開戦やむなしと考えている政治家たちの意見を押しのけ、徐々に平和的に解決しようという方向に持って行く大統領と弟の姿。アドレー・スティーブンソン大使とソ連ゾーリン大使のやり取りは面白いし、海軍の曳光弾の一件も緊張感があってよかったし、「撃墜されるなよ」という命をを受けたのに撃墜されたパイロットなどなど、見どころは多い。

 マスコミには知られたくない交渉も興味深いところだし、ロバートが直接交渉した点もよかった。本当はもっと秘密めいたスパイの暗躍もあったのだろうけど、やっぱりアメリカの面子が優先されたのだろうなぁ。戦争をやりたがってるタカ派はアメリカにもソ連にもいたのだろうし、今の日本にしてもそんなゲスな政治家はいる。戦争回避がテーマだけに、今後も教訓が生かされて戦争がなくなる未来を願いたいものです。

 ジョン・ポール・ジョーンズはてっきりレッド・ツェッペリンのベーシストだと思っていたのに、調べてみるとアメリカ独立戦争時の海軍の英雄らしい。「戦争はこれからだ」転じて「戦争は始まってない」という意味のようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.5こう見るとアメリカが落とし所をつくってあげて大人になって引いてあげ...

2021年3月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

こう見るとアメリカが落とし所をつくってあげて大人になって引いてあげたんだなって感じた。
ソ連は子供っぽいやつみたいな。
実際どうだったのかは分からないけどこれが史実に基づいているのならアメリカの英断だったと思う。
最初全然面白なくて本気で観るのやめかけたけどとりあえず観てたら最終的にはまぁまぁ面白かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コルチゾるくん
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る