ヴイナス戦記

劇場公開日

解説

近未来の金星を舞台に繰り広げられる戦争を描くSFアニメ。原作・脚本・監督は「アリオン」の安彦良和、共同脚本は笹本祐一、撮影監督は「魁!! 男塾」の玉川芳行がそれぞれ担当。主題歌は、柳ジョージ(明日への風)。

1989年製作/103分/日本
配給:松竹

ストーリー

西暦二〇〇三年五月、金星(ヴイナス)は三〇〇〇年ぶりに巨大な氷惑星と激突し、炭酸ガスの厚いベールを剥ぎ取られた。やがて地表に酸性の海ができ、地球型の大気が満ちた。早速、金星の地球化と移民計画が着手され、二〇一八年=ヴイナス暦元年に第一次移民団がイシュタル大陸に入植した。しかし、金星の土地は意外にも不毛で、また人間達は争って土地を奪い合っていた。ヴイナス暦七二年金星はイシュタルとアフロディアの二大自治州によって分割統治され、第二、第三の移民団がやって来ていた。その中にインディペンデント通信社特派員、スウの姿もあった。その頃金星で人々が熱狂していたのはアフロディアの首都イオ・シティで行われていた過激なバイク・レース“ローリング・ゲーム”だった。バイク・チーム“キラー・コマンダー”はクィーンのミランダをリーダーに、ヒロ、ウィル、マギーが活躍していた。ある日レースの途中で、いきなりイシュタルの重戦車“タコ”数百両が襲ってきた。イオ・シティは占領されてヒロ達は迫害を受けていたが、ついにキラー・コマンダーの若者達はレジスタンスに立ち上がった。ヒロの危機を救ったアフロディア軍遊撃隊HOUND隊長のカーツ大尉は、彼に特殊なバイク兵器“HOUND”を与えた。不安と絶望の中でヒロ、マギー、ミランダ達は戦火へ巻き込まれていったのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0なぜ埋もれてしまったのか

2020年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

80年代の隠れた名作アニメ映画だ。安彦良和監督は、この作品が振るわなかったことでアニメ制作から長いこと離れることになったわけだが、緻密な作画は素晴らしいし、世界観もユニークだし、アクションも迫力がある。久石譲の音楽も良い。美術監督は小林七郎で相変わらず素晴らしい仕事をしている。なんで埋もれてしまったのだろう。
金星が地球の植民地となり、争いが起きているという設定はガンダムを生んだ安彦さんらしい世界観だ。エネルギッシュで無軌道な若者たちが戦争に巻き込まれてゆき、現実に打ちのめされながらも成長していく。制作当時の日本はバブル経済の只中だったと思うが、なんとなくどん詰まりの享楽感が本作からは感じられ、それはもしかして時代の空気だったのかもしれない。安彦さんの漫画が元だが、金星の自転の方向を間違えたことがショックだったそうで、いろいろと複雑な思いを抱えながら漫画もアニメも制作していたようだ。しかし、一見の価値ある作品なので一度見てみてほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.5作画のクオリティがすごい高い

白波さん
2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

プライム・ビデオ鑑賞
いつか上がってこないかな?と待っていたんですが、ようやくプライムに登場しました。劇場公開以来なので30年ぶりの鑑賞です。
監督作品だけあって、全体に安彦感が良く出ていています。
それと作画もですが、特にメカニックが良いんですよね。
原作とは雰囲気をガラリと変え、小林誠・横山宏氏の個性的なデザインに。これが実にマッチしており、バイクもですがタコの重さとか最高です。
音楽はアリオンと同じく久石譲。
キャストも厚く、メインどころの水谷優子、納谷悟朗、塩沢兼人さん達の魅力が改めて良くわかります。
ただ主役のかっちゃん(少年隊)だけは最後までその演技に違和感が…。
物語は原作ベースのオリジナルで、劇場版用にコンパクトにまとめたもの。
が、これはこれで青春の熱をよく描いていたと思います。
やはりメインの戦闘シーンが素晴らしく、その挙動が良いんですね。
ラストの対戦も見応えがありました。
鑑賞して思ったのですが、作画のクオリティがすごい高いですね。
30年前の作品とはとても思えませんでした。
機会があればまた見返したい作品でしたね、やっぱり面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

2.0絵と久石譲の音楽は素晴らしい

楽々さん
2022年6月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

ストーリーはどんくさく、キャラクターの演技は下手くそ、演出は普通。
アニメーターとしては天才でも、監督としての安彦良和には才能がない、という事が如実にわかる。
マンガのラストもひどかった。
笹本祐一のシナリオのまんまを映像化すればよかったのに、実に残念な作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
楽々

4.0痛快SFアニメ👍

2022年6月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

安彦先生自身が国内でのソフト化を拒み続けている 、80'sテイスト溢れたリアルメカバトル満載の隠れた名作👏😭
安彦先生❗️
いや、全然素晴らしいですよ〜😆👍

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヒックス伍長
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る