女体育教師 跳んで開いて

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

化粧品会社に新設された新体操部のコーチと部員たちが繰り広げる騒動を描く。脚本は「色情海女 ふんどし祭り」の伴一彦、監督は「女子大生の性知識・アノアノ」の小原宏祐、撮影は「密猟妻奥のうずき」の水野尾信正がそれぞれ担当。

1981年製作/67分/日本
配給:にっかつ

ストーリー

カーラ化粧品の女子体操部は、キャンペーンのために発展的解散、新体操部となった。キャプテンの桂や部員のいちごなどが練習しているところへ、新任コーチの青木が紹介された。なんと、青木は桂の高校時代の教師、肉体関係もある。そんな、桂にいちごはライバル意識まるだし。男子社員の見学者で賑わう体育館の中で、青木がいちごたちをコーチしていた。青木の股間のふくらみに、いちごたちの熱い視線がそそがれる。そこへスカート姿の桂が現れ、パンティも露わに舞い始めた。そんな桂に、青木は新体操で一人前になったら抱いてやると言う。一方、いちごは何度も青木にモーションをかけるが相手にされず、ついには彼をホモだと吹聴してワサを晴らした。数日後、小林専務が新体操部をキャンペーンのポスターにしようと、合宿撮影に出かけることになった。ホモの小林は酔って寝ている青木の部屋に忍び込んだ。そこへ、桂や部員たちが入って来たから大変。桂はホモじゃないなら私を抱いてと青木に迫る。明日は競技会。桂が高校生のとき、競技の前日に関係して優勝できなかった記憶が青木にあって、彼女を抱けない。しかし、桂の挑発的なポーズに青木の一物はみるみるうちに巨大化。二人はついにドッキングした。競技会の日、青木の心配をよそに、桂やいちごの活躍で、カーラ化粧品はライバル会社を破り優勝するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「女体育教師 跳んで開いて」以外にこんな作品をCheck-inしています。