M(1931)

M(1931)
39%
55%
6%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「月世界の女」「スピオーネ」と同じくテア・フォン・ハルボウ脚色、フリッツ・ランク監督の結合の基に作られた映画でデュッセルドルフに起こりし実話を基にして撮影台本が執筆されたものである。主なる出演者はペーター・ローレ、エレン・ヴィドマン、インゲ・ランドグート、グスタフ・グリュントゲンス、フリードリッヒ・グナス、フリッツ・オデマー、テオドル。ロース、オットー・ヴェルニッケ、ゲオルク・ヨーン、ローザ・ヴァレッティ、ヘルタ・フォン・ヴァルターの面々。キャメラは「三文オペラ(1931)」「西部戦線一九一八年」のフリッツ・アルノ・ワグナーが担任である。

1931年製作/117分/ドイツ
原題:M

ストーリー

ドイツのある町では最近頻繁する殺人事件に、興奮と恐怖と、憤怒の渦が巻き上げられつつあった。可愛らしい小学校の女生徒が惨たらしく惨殺されるのだ。一つの事件が解決されないうちに新しい同様の惨劇が次々と行われて行った。通り魔のような殺人犯人で、しかもその誰であるかを何人も知ってはいない。人々がよると触るとその事件を論じ合った。子ども達が行き交う小学校への途上に犯人逮捕に懸けられた一〇〇〇〇マークの懸賞逮捕ポスターが貼り出される。人の子の母親達は子どもの顔を見ることが戦慄すべき犯行の前兆のようにも思えるのだ。しかし騒ぎはこの市内の興奮だけのものではなかった。その治安を司る警察署は非難と讒謗の矢面に立ちながら焦燥の坩堝と化している。日々に拡大される捜査範囲、夜を日に次いでの捜査会議、次々と検挙される容疑者の数々。しかも本当の犯人は冷然と俺は無事だと新聞社に投書する。暗黒街は幾度となく検束だ。浮浪者、犯罪者、醜務婦等が一団となって網に引っかかる。そして身分証明書の点検である。恐怖はしかしここばかりではない。全く異なった他の団体、掏摸と掻払いの一団も今は恐るべきカタストロフに怯えだした。警察の検挙が日増しに激しくなるからである。ある日町の風船売りの盲目の老人が、聞き覚えのある口笛の曲を聞いた。そうだ、その曲こそすぐる日彼から風船を買っていった子ども連れの客が吹いていたペルギュントの「山の王の殿堂にて」だ。しかもその時の子どもは殺されている。老人は通りがかりの青年にこれを告げる。青年はすぐ掏摸の一団と連絡を取りながら後を付けた。その男は子どもを連れている。しかし玩具を、お菓子を、色々なものを買い与えている。青年は咄嗟に掌にMの字をチョークで書いた。町の行きづりにとんとその肩をついた。その男の肩にはMの字が、Murderの印が付けられた。掏摸の一団はあちら側からも、こちらからも町の八方から男を取り巻いた。気がついた男は頻りに逃げたがあるビルディングで消えた。その夜一団はこのビルディングを襲うのだった。その男を俺達の手に捕らえろと言うのである。大がかりのビルディング襲撃が行われる。が、守衛の一人が急を警察に報じたために一団は蒼々とここを逃れた。が殺人犯は一団に発見されて彼等の私刑法廷に立たせられる。私刑法廷--廃屋倉庫の地下室だ。遂に彼等は彼等の信条によって犯人を処罰しようと犯人めがけて飛びかかる。この時である。本当の法律の手がここに伸びた。一同の立ちすくむ中に厳かな声が響きわたるのだった。かくて数カ月間さしもの町を震撼せしめた凶悪な犯人も司直の手に引かれていったのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0自警団

2020年10月2日
Androidアプリから投稿

1931年のドイツ映画
フリッツ・ラング監督の初めてのトーキー映画で BGMは無いが、口笛が効果的に使われている
(その反対の静寂も)
また冒頭の子供の歌も不気味

洗濯女、貸本屋、風船売り、新聞売りなどの一般市民と地下組織(犯罪組織)の距離が近そうなのと、犯人が自警団となった地下組織に警察より先に追い詰められてゆく過程が面白かった

背中にMの印をつけるアイディアと それを見つけて目を剥くローレ(犯人)の目玉がやはり印象的

当時のものらしい字幕の稚拙さに驚きと時代を感じるが 映像だけ見ても楽しめる

〈デュッセルドルフの吸血鬼〉はギロチンにかけられたが監督はモデル説を否定している
彼が地域を完全にパニック状態に落とし入れたことにはインスピレーションを受けたのではないか

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie

4.0凄い

TPOさん
2016年1月3日
スマートフォンから投稿

まず、役者さんの演技が凄い。
迫力があって(特に最後)引き込まれた。

ストーリーは今の時代にもある話。
昔から変わらないんだなぁ…

ミステリーやサスペンスというよりも、問題を描いた社会映画?というかんじかな。

でも面白かった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TPO

3.5もう少し脚本を掘り下げれば、大傑作になったはず

トグサさん
2014年11月22日
iPhoneアプリから投稿

怖い

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トグサ

3.5ただのサスペンスじゃありません

2014年8月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

知的

サスペンスの古典という意識で観始めたのですが、いや、これはまったくそういうものではなかったですね。人間が抱え持つ闇=病みと、その闇に脅かされた人々の狂気を描いた作品でした。
音楽を完全に排した中でのモンタージュが、非常に効果を上げています。静けさの中に映し出される各カットの連続で、残酷な事態を知らせる手法などは、息詰まる感覚と相まって、非常に効果的に感じられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る