老人と子供

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

脚本・監督クロード・ベリ。彼のデビュー作であり、ストーリーは自伝でもある。撮影はジャン・ダルベィ、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「大列車作戦」のフランスの名傍役ミシェル・シモン、ベリ監督がスカウトしたズブの素人で名子役と評判のアラン・コーエン、「ジャガーの眼」のシャルル・デネールほか。

1967年製作/フランス
原題:Le Vieil Homme et L'Enfant
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

一九四三年、ナチ占領下のフランス。ユダヤ人たちは収容所行きをおそれ、人目につかぬよう、こっそりと隠れ住んでいた。しかし、八歳の少年にとっては、そんな大人の世界は理解出来ない。クロード少年(A・コーエン)は腕白ざかり。いつも両親を、はらはらさせていた。そこで父親は、知人のつてをたよって、クロード少年を田舎に預けることにした。“ユダヤ人であることを、決して誰にも話してはいけない”と父親は、小さな息子に言ってきかせた。クロード少年が預けられた家は、老夫婦と老犬だけの淋しい家庭だった。そのうえ、主人のペペ(M・シモン)は第一次大戦生き残りの熱狂的右翼で、猛烈なユダヤ人排斥主義者だった。クロード少年は用心に用心を重ね、苦しい日が続いた。しかし、ペペは、頑固者にはちがいないが、単純で善良、根はやさしい人間だった。ペペとクロード、すなわち老人と子供は、まもなく恰好の遊び友だちになれた。菜食主義者のペペにならいクロードも肉を口にしないようになった。そして、自分はユダヤ人だと言って、ペペをからかうようにさえなった。しかし、ペペは、もちろん冗談としか取らない。ペペが第一次大戦で受けた傷を記念して、一族全員が集まる“傷の記念日”がやってきた。酔った大人にそそのかされて、クロードは、ある少女に可愛いラブレターを書いた。ところが後日、これが大間題にまで発展してしまったが、ペペはかばってくれた。そして、老人と子供の友情は、前よりも増したのだった。やがて戦争も終り、パリは解放された。両親がクロードを引取りに来た。別れの日、ペペは大つぶの涙を流してクロードを見送った。多分、彼は、自分の愛した少年がユダヤ人であったことを、永久に知らないことだろう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く