舘ひろし、幼児向け番組のテーマで13年ぶりシングル「妖精たちの元締めって感じ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月4日 > 舘ひろし、幼児向け番組のテーマで13年ぶりシングル「妖精たちの元締めって感じ」
メニュー

舘ひろし、幼児向け番組のテーマで13年ぶりシングル「妖精たちの元締めって感じ」

2018年7月4日 17:45

公開レコーディングに臨んだ舘ひろし「ヤンヤン」

公開レコーディングに臨んだ舘ひろし
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の舘ひろしが7月4日、オリジナルのシングルとしては13年ぶりとなる新曲「ビバ!ビバ!バンビーナ」の公開レコーディングを都内のスタジオで行った。

同曲はCS放送「チャンネル銀河」の幼児向け番組「パニパニパイナ!」(7月15日スタート、毎週日曜午前7時)のエンディングテーマとして、宇崎竜童が作曲、阿木燿子が作詞。夫妻から初めて楽曲提供を受けた舘は、「断る理由は全くなく、喜んでやらせていただいたが、思ったより難しくて久しぶりに歌の練習をした」と苦笑いだ。

依頼を受けた宇崎は、「家にある舘さんのアルバムを全部聴き直して」イメージを膨らませたという。「舘さんがソロでデビューした頃、レコーディングを見に行ったことがあって、ミュージシャンに厳しい注文をしていた印象があったので、いろいろと言われないように今の舘さんに向けて作ろうと思った」と説明した。

10曲ほど書いた中から「1コーラスが3分くらいでできた」という今回の曲を阿木が選択。「舘さんの色っぽさが出る詞にしたくて、若い人たちに頑張って、見守っているよという大人の男性の優しさがすらすらと楽しく書けた」と笑顔で振り返った。

幼児向けということで歌詞には「バーボビブバボー ブブビバブー」といった擬音も含まれているが、舘は持ち前の甘い歌声を披露。バックダンスとコーラスで加わった女の子たちの「フェアリー・ダンサーズ」と振りを合わせるなどノリノリで、「でき上がった曲を聴くと、子供たちのコーラスが入ったことで歌が輝いた」と感謝した。

写真撮影には、番組に出演する幼児たち「ヤンヤン」も参加し、21人の子どもに囲まれた舘は「全く似合わないよね。妖精たちの元締めって感じだよ」と自虐。さらに、「ドゥビドゥバー」の歌詞がある「老人と子供のポルカ」を引き合いに出し、「左卜全さんを思い出しました。ちょっとは近づけたかな」と話しつつも、満足げな笑みを浮かべていた。

「ビバ!ビバ!バンビーナ」は、9月19日にリリースされる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi