舘ひろし「終わった人」の現場で「あぶデカ」時代のポリシーを封印! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月11日 > 舘ひろし「終わった人」の現場で「あぶデカ」時代のポリシーを封印!
メニュー

舘ひろし「終わった人」の現場で「あぶデカ」時代のポリシーを封印!

2018年5月11日 04:00

舞台挨拶を盛り上げた舘ひろし「終わった人」

舞台挨拶を盛り上げた舘ひろし
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 舘ひろしが主演した映画「終わった人」の完成披露試写会が5月10日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、舘のほか、共演の黒木瞳広末涼子田口トモロヲ、ベンガル、原作者の内館牧子中田秀夫監督が、上映前の舞台挨拶に登壇。原作小説の「定年って生前葬だな…」という衝撃的な書き出しにちなみ、ステージ上には盛大な生花祭壇が設えられていた。

約20年ぶりの共演となった舘と黒木は、本作で夫婦役に初挑戦。「これまでは“受ける”芝居が多かったんですが、今回は攻撃的。アドリブも許されていて、どちらかというとフラフラとした芝居だったんです」と振り返った舘は「黒木さんが、わりと正統派の芝居をしてくれたので、やりやすかったです。黒木さんを信じて、この映画に挑みました」と厚い信頼をにじませた。一方、黒木は「本当の舘さんは、優しくてダンディ、気配りが上手。かゆいところに手が届くような素敵な方なんです」と前置きしてから「(劇中の役どころは)その真逆でかゆくもないところをかいてくれる人(笑)。全く違う舘さんを現場で見ることができて、とても新鮮でした」と撮影を心から楽しんだようだ。

舘と「あぶない刑事」シリーズで長年タッグを組んでいたベンガルは「(舘は)『あぶない刑事』の現場では、『俺は台本通りにやるよ』とアドリブをやらなかった。アドリブをやるのは、僕か、柴田恭兵さんか、浅野温子さんくらいだったんです。それに『俺は3行以上のセリフを言わない』とセリフをカットしちゃう」という懐かしのエピソードを披露。本作の撮影では、舘がそのポリシーをかなぐり捨てた瞬間を目撃していたようだ。

「ラストの方なんですが、10行くらいの長いセリフがあったんです。テストの時から気になっていたんですが、なんだ、やれば出来んじゃんと(笑)。とても難しいシーンなんですけど、目の前で聞いていて、ちょっとウルウルと感動しました」と暴露すると、場内は大爆笑。MCから「心変わりがあったんですか?」と問われた舘は「ちょっと大人になった私を見ていただきました」とはにかんでいた。

締めの挨拶では「定年を迎えた方、定年を迎えそうな方には、非常に参考になる映画だと思います。定年は終わりではなく、次のステージの始まりだと感じさせてくれる」と客席に言葉を投げかけていた舘。一方、黒木は「この映画は、舘さんがとにかく可愛い! こんな無防備な舘さんを初めて見ました。無防備というのは、定年した人が戦うものがない、背負っているものがない、名刺もなく、プライドもちょっと捨てたという状態だと感じました。それを演じている舘さんをご覧になれば、きっと頑張ろうという気持ちになるはず」とアピールに努めていた。「終わった人」は、6月9日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi