裕木奈江が振り返る「ツイン・ピークス」新シリーズ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月4日 > 裕木奈江が振り返る「ツイン・ピークス」新シリーズ
メニュー

裕木奈江が振り返る「ツイン・ピークス」新シリーズ

2018年7月4日 18:00

主人公クーパー捜査官と絡む 謎めいたキャラクターを演じ切った「ツイン・ピークス」

主人公クーパー捜査官と絡む
謎めいたキャラクターを演じ切った
(C)TWIN PEAKS PRODUCTIONS, INC.
(C) 2018 Showtime Networks Inc. SHOWTIME
and related marks are registered
trademarks of Showtime Networks Inc.,
A CBS Company. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才デビッド・リンチ監督によるテレビシリーズ「ツイン・ピークス リミテッド・イベント・シリーズ」(テレビ放送時の邦題は「ツイン・ピークス The Return」。ブルーレイ&DVD発売中)に、重要な役どころで出演した日本人女優・裕木奈江がインタビューに応じ、撮影を振り返った。

1990年のオリジナルシリーズをリアルタイムで見ていたという裕木は、新シリーズへのオファーに際して「やったー! 『ツイン・ピークス』に出られるぞ! すごい!」と感じたという。しかし、裕木が演じるナイドは、異世界に存在し、目を塞がれているキャラクター。オリジナル版のキャストがそろう現場に足を踏み入れても彼らの姿は見られず、「メイクで目を塞がれているので、とにかく見たかったですね。90年代のオリジナルキャストがみんないる、そこにアンディ(ハリー・ゴアス)とルーシー(キミー・ロバートソン)がいて、私へのセリフをしゃべっているんだから、しっかり目に焼き付けたかった……」と残念がる。

最も共演シーンが多かったのは、「カイル(・マクラクラン)さんですね」。「すごく紳士。私は7センチぐらいのピンヒールを履いていて、しかも何も見えない状態で(セットを)登ったり降りたりしなくてはならず結構怖かったのですが、降りた後、壁伝いでスタートの位置に戻る時もかなり怖くて。もちろん、いつも誰かがついていてくれるのですが、ある日、気がついたら、それカイルさんだったんですよ。『え、カイルさん? ありがとう!』と。そのとき、カイルさんが私の手を取って連れて行ってくれた写真をスタッフさんが送ってくれて、すごく感動しました」と明かすが、「それも見えない(笑)。せっかくカイルさんにエスコートしてもらっているのに」と笑う。

マクラクランの印象を問われると、「10代のころ、彼をドラマで見ていて、あの顔立ちや骨格って日本人にはないじゃないですか。鼻の高さやあごの形が、絵に出てくるような三日月だなって思ってたんです。だからあのあごはどうなってるんだろう?って、よくイラストにして描いてました(笑)」と90年代の思い出を語りつつ、「ナイドは目が見えないので、彼の顔をベタベタ触るシーンがあるんですよね。ナイドがクーパー(マクラクラン)に対して『私がこの世で一番愛してる! あなたを守りたい!』って気持ちを込めて触るシーンなんですけど、心の中では『わぁ! あのあごだ!』と思いながら触っていました(笑)」という返事。「ぜひ見返してみてください」と語った。

日本の「ツイン・ピークス」ファンへは、「やはり、ぜひぜひコーヒーとドーナツとチェリーパイを用意してイッキ見してください!」とアピール。「カフェインと砂糖でアドレナリンと眠気でフラフラになりながら、ちょうど第8章を見て、『なんなんだこの第8章は!?』と驚きながら、『ここからまだ10話ある、そこから自分は今何を見ているんだ?』と延々と思いながら第17章まで見て、それから第18章を見ると、『この第18章は何だったんだ?』と(笑)。誰とも共有できない感覚を、ひとりで体験する」と続け、「ドーナツ屋さんに行って、クリスピークリームと各種ドーナツを買って、コーヒーも種類をそろえて準備万端用意して家から出ない。私だったらね(笑)」と「裕木奈江」流の楽しみ方を提案した。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi