血斗のジャンゴ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「必殺の歓び」のセルジオ・ソリーマが監督したイタリア製西部劇で、脚本は、やはり同作品でコンビを組んだ、セルジオ・ドナーティとソリーマ自身との共同執筆である。撮影はラファエル・パケコ、音楽は名匠エンニオ・モリコーネが担当した。出演は「悪い奴ほど手が白い」のジャン・マリア・ヴォロンテ、「情無用のジャンゴ」のトマス・ミリアン、「夕陽の墓場」のウィリアム・バーガー、「必殺の歓び」のジャンニ・リッツォ、新進のグラマー女優リディア・アルフォンシなど。製作は、「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」のアルベルト・グリマルディ。テクニカラー、テクニスコープ。

1968年製作/イタリア・スペイン合作
原題:Faccia a Faccia
配給:大映第一フィルム

ストーリー

時は一八七〇年。ニューイングランドで教鞭をとっていた若い大学教授ブレッド(G・M・ヴォロンテ)は療養のためテキサスへやってきた。ある日、彼はジャンゴ(T・ミリアン)と名のる流れ者と知りあった。一人は病身、一人は追われる身、二人とも死と直面しているためか、不思議と意気投合した。ブレッドにとって、ジャンゴの生き方は驚異であった。そしてある日、危機にひんしたジャンゴを助けるために、男を一人殺してしまった。この時からブレッドの生き方は変った。どうせ短い生命なら、ジャンゴのように無法に生きよう--。ところでかつてジャンゴは、人殺し集団として名高い「狼団」のボスだった。そして散り散りになった、仲間を集めて再建することを心にきめた。むろんブレッドも仲間入り。その頃、シリンゴという男が仲間入りを志願してきた。以前から「狼団」のことを口にして、ジャンゴのまわりをうろついていた男だ。だが、この男、実はシェリフだった。一味が銀行襲撃の日、彼の指図でやってきた軍隊のためジャンゴは逮捕された。同じ監獄に、元「狼団」のザガリがいた。ザガリはシリンゴの言う通り「狼団」全滅のため力をかすことにした。この頃「狼団」のボスはブレットになっていた。そしてジャンゴは脱走。このときすでに「狼団」はジャンゴとブレッドの二人きり。ザガリとシリンゴが追ってくる。この二人はジャンゴの件で対決、ザガリは殺された。広い砂漠のただ中に三人。ブレッドとシリンゴが対決したとき、ジャンゴがひき金をひいた。ブレッドは即死、シリンゴは脚を射たれた。そして、やっと起きあがったシリンゴは、ザガリの死体の顔をめった射ちし、この死体をジャンゴの死体として軍隊へとどけよう--と言ってジャンゴを逃してやった。ジャンゴにも新しい人生が始まるかも知れない。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「血斗のジャンゴ」以外にこんな作品をCheck-inしています。