ジャンヌ・ダルク

劇場公開日

4%
35%
52%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「レオン」のリュック・ベッソン監督が、フランスの国民的英雄として知られる女性ジャンヌ・ダルクの生涯をミラ・ジョボビッチ主演で映画化。百年戦争下のフランス。小さな農村で暮らす信仰心のあつい少女ジャンヌは、イギリス軍に家族を殺され親戚のもとへ身を寄せる。やがて17歳になったジャンヌは、教会で神の声を受け、神の使者としてシャルル王太子に謁見することに。軍を率いて戦場へと向かったジャンヌは、イギリス軍を相手に劇的な勝利をおさめるが……。

1999年製作/157分/PG12/フランス
原題:Joan of Arc
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテイメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

4.0とてもイイ映画でした。

2021年6月13日
スマートフォンから投稿

興奮

知的

幸せ

リュックベッソン監督。一流の映画の映像美。もう一度見たくなる奥深さのある作品。歴史上に語り継がれるジャンヌダルクという存在を現在的技術と知見でリアルに描いた。自分が神に選ばれたと妄想に取り憑かれた少女が民衆の心を掴み奇跡としか言いようのないことを起こし戦争に勝っていく。最後は火あぶり。神などいない、すべては人間の妄想のなせるわざだということ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長

4.0オルレアンの聖女

2021年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

英仏戦争で劣勢にあったフランスに、突如現れた”オルレアンの聖女”ジャンヌ・ダルク(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の生涯を描く。
戦闘シーンはわかりやすく、よくできている。
果たして神が降臨したのか?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5英雄

2021年1月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

とのことだが、フランス人のジャンヌ観が知りたい。
無教育で神のお告げだけであそこまで行けるものなのか。
案の定、目的達成後に反動が来てしまう。火刑はイギリスがしたのをこの映画で認識した。
カトリック教会と王国と関係も興味深い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
桑畑五十郎

5.0「奇跡」と「葛藤」

2021年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

日本では、1333年に鎌倉幕府が滅び、1336年から始まった室町幕府の時代の話で、南北朝時代の少し後になります。
日本でも、南北朝時代に南朝と北朝に分かれて、戦っていましたが、外国が参加することはありませんでした。

フランスは、アルマニャック派とブルゴーニュ派に分かれて、戦っていて、ブルゴーニュ派にイギリスが参加していました。
同じ国民、民族が分かれて戦うことは不幸でしかなく、外国のイギリスが参加することでより一層不幸が深まりました。
史実かどうかではなく、戦争とは悲惨なものであることは確かです。

文字も読めるし、書くこともでき、学ぶことができる人は、「奇跡」を起こしたジャンヌ・ダルク以上の人になれます。
シャルル7世は、「奇跡」を起こしたジャンヌ・ダルクを見殺しにしました。
例え、ジャンヌ・ダルクを聖人にしても、誰一人としてジャンヌ・ダルクのようにならないでしょう。

「奇跡」
ジャンヌ・ダルクが起こしたことは、「奇跡」です。

オルレアンは、ロワール川の北岸にあり、イギリス軍に囲まれています。
トゥーレル要塞は、オルレアンのロワール川の南岸にありますが、イギリス軍が占拠しています。
フランス軍は、トゥーレル要塞とオルレアンとをつなぐ橋をイギリス軍の侵攻を防ぐために、破壊しました。
オルレアンに残った人々に逃げ場はないということです。
イギリス軍は、トゥーレル要塞からオルレアンへつなげる橋を再建し、オルレアンを南側から攻撃しようとしています。
イギリス軍は、ロワール川の北岸にあり、オルレアンの東に約2kmにあるサン・ルー砦に兵を集結し、オルレアンを北側から攻撃しようとしています。
フランス軍は、サン・ルー砦を奪還し、ロワール川を渡り、ロワール川の南岸にあるトゥーレル要塞を攻撃し、勝利します。
フランス軍は、ランスをイギリス軍から奪還しました。
シャルル7世は、ランスで戴冠し、フランス国王となりました。

「葛藤」
シャルル7世は、フランス国王となった後も、戦いを続けるべきか?
ジャンヌ・ダルクは、戦いを続けるべきか?
兵士は、戦いを続けるべきか?
市民は、戦いを支持するべきか?
「したいこと」と「するべきこと」のずれが、葛藤を生み、罪の意識を生み、許されたいと感じるようになります。

戦いに勝った人が、戦いを止めて、優位に交渉するということはできるようで、できません。
ビギナーズラックでギャンブルで儲けた人が、ギャンブルを止めて、利益を得ることができないことに似ています。

敵を皆殺しにするのは現実的ではなく、戦いで戦争に勝利することはありません。
無条件降伏などの優位な和平交渉でのみ、戦争に勝利することができるということです。
太平洋戦争も、日本にポツダム宣言を受諾させたから、勝利できたということです。

ジャンヌ・ダルクは、教育を受けられず、文字も読めず、文章を書くこともできず、本も読めず、教養もなく、「神のお告げ」しかありませんでした。
ジャンヌ・ダルクは、教養がないから、神のみを信じることしかなかったのです。
ジャンヌ・ダルクが、教育を受け、文字を読むことができ、文章を書きことができ、歴史を学ぶことができたら、違った人生になっていたでしょう。

偉人たちの本や映画を通して、歴史を学ぶ価値があるということです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ノリック007
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る