サンダーバード(1967)

劇場公開日

25%
75%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

NHKテレビで放映されたSF人形劇『サンダーバード』の劇場用映画である。総指揮のゲリー・アンダーソンと製作のシルヴィア・アンダーソンが共同で脚本を書き、ディヴィッド・レインが監督した。撮影はアラン・ペリー、音楽はバリー・グレイ、視覚効果監督はデレク・メディングス、美術監督はグレンビル・ノット、模型はレイ・ブラウンが担当した。テクニカラー、テクニスコープ。ビデオタイトル「サンダーバード 劇場版」。

1967年製作/93分/イギリス
原題:Thunderbirds are Go
配給:ユナイト

ストーリー

イギリスの誇る火星探検用ロケット、ゼロXは離陸後、何者かの妨害にあって装置に故障を起し爆発してしまった。国際救助隊は第二のゼロXが無事発進出来るよう依頼され、サンダーバード1号のスコット(=声の出演=中田浩二)、2号のバージル(宗近晴見)、3号のアラン(剣持伴紀)が急拠ゼロXの秘密基地へ飛んだ。一方国際救助隊の隊長ジェフはロンドンの駐在員レディ・ペネロピ(黒柳徹子)にゼロXの搭乗員をひそかに調査させた。その結果、塔乗員の中に変装した国際的犯罪組織ザ・フードの一員がいるのを発見、快速艇で海上へ逃れるフードを追撃したペネロピがこれを撃破した。その時サンダーバードに守られたゼロXが悠々と飛んで行った。そしてゼロXは火星に到着した。だが探検隊は何者かによる無気味な攻撃を受け危険に瀕し、早々に離陸、地球へ向った。ところが思わぬ事故が起った。ゼロXに接続する一号、二号ジェットのうち二号ジェットが接続に失敗、爆発したのである。いち早くゼロXからの無電をキャッチしたサンダーバード宇宙中継船は、本部へ通報、直ちに国際救助隊がかり出された。科学者ブレインズもゼロX設計者のもとに飛び、そこからサンダーバード2号のバージル、3号のアランと連絡をとった。アランは空中でゼロX機械室へと綱渡りで乗り移り、ブレインズの指示に従って、壊れたジェットの修理を始めた。その間にもゼロXは地球に迫っていた。激突するかに見えた。だがアランのお手柄でゼロXは立ち直ることが出来た。そしてアランはレディ・ペネロピに念願のナイトクラブへ招待され、楽しくすごすのだった。ふと気づくと、まわりのテーブルには国際救助隊の面々、隊長のジェフ・トレーシーはじめバージルやゴードンらが顔を揃えていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る