傷だらけの刑事

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マフィアにたちむかう一警視の孤独な戦いを描く。監督はロモロ・グエリエリ、製作はマリオ・チェッキ・ゴーリが担当。出演はエンリコ・マリア・サレルノ、ジュゼッペ・パンビエリ、ジョン・スタイナー、ダニエル・ゲランなど。

1973年製作/イタリア
原題:The Police at the Service of the Citizen
配給:ワーナー・ブラザース

ストーリー

ジェノン波止場で一人の男が殴り殺された。捜査に当ったシロニ警視(E・M・サレルノ)は、港を仕切るマフィアが労働者に対する見せしめにやったものと考え、行動を開始した。補佐のマリノ刑事(G・パンビエリ)と共に組織に斬り込もうとしたが、港湾事業に巨大な影響力を持ち政治にも介入している資本家ピエル・パオロ・ブレラ(D・ゲラン)の圧力のために進展しなかった。さらに驚くべきことに、マリノが敵方に情報を流していることが判明し、シロニは呆然とした。シロニの説得によってマリノは前非を悔い、単身ブレラに対峙しようとしたが、逆に殺し屋の兇弾に倒れた。捜査の失敗によってシロニに残された道は辞職か左遷しかなかったが、彼は後者を選んだ。しかしその前にやるべき事がある。友人でもあった部下の弱点にくい込み、殺した憎い奴を生かしておくわけにはいかなかったのだ。シロニはブレラを誘拐、列車事故に見せかけて殺害した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る