実録 ブルース・リーの死

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

若くして急逝したブルース・リーと愛人ティン・ペイとの関係を実録風に描いた作品。監督はロー・マ、原案はリー実生活の愛人と言われているベティ・ティンペイ、撮影はウー・ファ・シンがそれぞれ担当。出演はリーのそっくりさんとして抜擢されたリー・シュー・シェンのほか、ベティ・ティンペイが実名で登場している。

1975年製作/香港
原題:Bruce Lee & I
配給:松竹=富士映画

ストーリー

ブルース・リー(リー・シュー・シェン)とティン・ペイの出会いは、リーが主演第一作「ドラゴン危機一発」の撮影のため香港に帰った時、悪質なプロデューサーに追われているティン・ペイを救けた時が最初だった。やがて、スターの座を確保したリーは、美しくなったティン・ペイと再会、二人の間に愛が芽生えていった。そしてリーは彼女が金で囲われる生活をやめ、女優として生きるように説得し、彼女が映画に出演できるように会社に働きかけてやった。そんなある日、「ドラゴン怒りの鉄拳」の撮影中に、リーが原因不明の頭痛で倒れた。しかし誰もがこの事を重大に考えなかった。やがて、リーは自他共に世界一のアクション・スターとしての地位を築きあげ、ティン・ペイとの関係も幸福の絶頂にあった。だがリーは、1973年7月20日、ティン・ペイの部屋で倒れた……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る