ビッグ・シティ

劇場公開日:

ビッグ・シティ

解説

「大地のうた」をはじめとする「オプー3部作」で知られるインドの世界的名匠サタジット・レイが1963年に発表した代表作のひとつで、大都会カルカッタを舞台に共働き夫婦の暮らしを描いたドラマ。53年、カルカッタ。薄給の銀行員シュブラトの妻アラチは、家計を助けるために訪問販売の仕事を始める。やがて彼女は社長に能力を認められるようになり家計も楽になるが、夫としての立場を失ったシュブラトは仕事をやめさせようとする。日本では「大都会」のタイトルで76年に岩波ホールで公開。2015年9月、レイ監督のデビュー60周年を記念した特集上映「Season of Ray シーズン・オブ・レイ」にて、邦題を新たに「ビッグ・シティ」とし、デジタルリマスター版でリバイバル公開。

1963年製作/131分/インド
原題:Mahanagar
配給:gnome
日本初公開:1976年4月17日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0正にブルシット・ジョブだ!

マサシさん
2022年4月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

資本家から労働力を搾取されていると言う暗示だと思う。女性の社会進出なんて話では無い。多少はあるかもしれないが。辞めさせられる同僚も英国人って言うのが、何かを暗示していると思った。いずれにしろ、妖艶な美女を白黒で撮る。エロチックに綺麗だ。傑作だと僕は思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ
すべての映画レビューを見る(全1件)