ある道化師

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

富裕なカトリックの家庭に育ちながら、戦後社会の新しい虚偽と安易なモラルに反発して“道化師”として生きる男の苦悩を描く。製作はハインツ・アンガーメイヤーとマクシミリアン・シェル、監督はヴォイチェフ・ヤスニー、ハインリヒ・ベルの原作を基にベルとヴォイチェフ・ヤスニーが脚色。撮影はウォルター・ラサリー、音楽はエバルハルト・シェーナー、編集はダグマー・ヒルツ、衣裳はシャルロッテ・フレミングとルート・ギルベルトが各々担当。出演はヘルムート・グリーム、ハンナ・シグラ、エヴァ・マリア・メインケ、グスタフ・ルドルフ・ゼルナー、ハンス・クリスチャン・ブレッヒ、アレクサンダー・マイ、スザンヌ・サイドラーなど。

あらすじ

1960年。ハンス・シュニーア(ヘルムート・グリーム)は30歳。道化師を職業としている。彼は、ドイツでも有数の資産家の家柄に生まれ、厳しいカトリックの教えを受けて育った。しかし、ナチ支配下の45年に、姉ヘンリエッテ(スザンヌ・ザイドラー)が母に強制されて対空砲兵隊に志頼し、祖国への義務を遂行中に死んだことで社会の虚偽に疑問を抱きモラルに反撥しはじめる。そして、彼は道化師であることを選んだ。ハンスは、幼なじみでカトリックの娘マリー(ハンナ・シグラ)と恋に陥りかけおちするが、幸せに満ちた生活は長くは続かなかった。徹底して教会を憎むハンスは、生まれてくる子供が洗礼を受けなくてはならないことを考えるとぞっとしたのだ。そのために正式な結婚を拒否するハンスに、マリーがたえられなくなり、彼から去った。愛するマリーを失い、仕事もうまくいかなくなった彼は、家族を訪問するが、その訪問は家族に対する不信を深めるだけに終った。かつての人気道化師ハンスは、今では物ごい同然におちぶれて、ボン駅の階段でギターを弾き語っている。間もなく到着する列車には、カトリック教徒と結婚したマリーが乗っているのだった。

1975年製作/西ドイツ
原題:Ansichten eines Clowns

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る