ルート・ハルプファスの道徳

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

何不自由なく暮らす工場主の妻をめぐって夫、情人、そして情人の妻の奇妙な関係を描く。監督はフォルカー・シュレンドルフ、脚本はシュレンドルフとペーター・ハム、撮影はクラウス・ミュラー・ラウエとコンラート・コトフスキー、音楽はフリードリッヒ・マイヤーとリヒャルト・タウバーとヨーゼフ・シュミットが各々担当。出演はセンタ・バーガー、ヘルムート・グリーム、マルガレーテ・フォン・トロッタ、マリアン・ザイドウスキなど。

あらすじ

小さな町の工場主ハルプファスの妻ルート(センタ・バーガー)は、欲しいものは何でも手に入るというめぐまれた生活を送り、しかも大変美しい。田舎町であるハーナウよりももっと華やかで都会的な生活にいつも夢はせている。彼女にとっては、愛もまた一つのぜいたく品なのである。彼女は夫とはタイプの異なる町の高校の美術教師フォーゲルザング(ヘルムート・グリーム)を情人にしている。彼を本気で愛するというより、一つの流行として楽しんでいるのである。一方、口では女性解放を説き、芸術論を論じるフォーゲルザングは、ルートに金をせびる時、卑俗性を露呈する。彼は、やがて、ハルプファスをわずらわしく思うようになり、殺し屋を雇う。流行歌を楽しんでいる楽天的なハルプファスは、殺し屋につきまとわれるようになる。おびき出された彼は撃たれ倒れるが、実は発砲したのはフォーゲルザングの妻であった。幸い命をとりとめたハルプファスは恢復し、やがて妻ルートと共にスペインへと旅だつのだった。

1971年製作/西ドイツ
原題:Die Moral der Ruth Halbfass

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る