冷たい夜は死の匂い

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

忌まわしい過去を持つ中年夫婦に監禁された人妻の恐怖を描くサスペンス。監督は巨匠ジョン・ヒューストンの実子のダニー・ヒューストン、製作はレスリー・グリーフ(共同脚本も)、エグゼクティヴ・プロデューサーは「トゥルークライム」のマーク・アミン、チャールズ・フィンチ、脚本はアンドリュー・ネイダーマンの小説(本邦未訳)をもとにヘンリー・スレッサーとグリーフが執筆し、撮影はニック・マクリーン、音楽はピーター・マニング・ロビンソン、美術はボビー・エイモア、編集はロバート・シルヴィとエリック・L・ビアソンがそれぞれ担当。出演は「シャーキーズ・マシーン」などのベテラン、バート・レイノルズ、「タイムコップ」のミア・サーラ、「殺しのドレス」「カウガール・ブルース」などのアンジー・ディッキンソンほか。

あらすじ

平凡な若妻のキャシー(ミア・サーラ)はある日、仕事で家を空けてばかりの夫デイヴィッド(ブライアン・ウィマー)への面当てに、幼い娘サマンサを連れて姉の家へ向かう。途中立ち寄ったガソリンスタンドの主人ロイ(バート・レイノルズ)の言うままに、彼の家を訪れたキャシーを、妻のジョージーナ(アンジー・ディッキンソン)とその娘ジルが迎える。精神を病んでいるというジョージーナはキャシーとサマンサを妹マーリーンと姪のドナと思い込み、突然キャシーを二階の部屋に閉じ込めてしまう。サマンサは性悪なジルに苛められ泣き声をあげる。実はロイは、かつて自分の幼い息子を殺して埋め、それを通報しようとしたマーリーンとドナをも殺した忌まわしい過去を持つ男で、その事件以来狂った妻を慰めるためキャシーらを連れ込み、監禁したのだった。悪夢のような毎日を過ごすキャシーとサマンサ。行方不明になった妻子を探しに訪れたデイヴィッドはロイに捕まり、庭の古井戸に投げ込まれる。彼を追って来た刑事のチッキー(ジョシュ・モステル)も惨殺されるが、この間にデイヴィッドは井戸を抜け出して家に忍び込み、妻子に再会して逃亡の算段をつけようとする。サマンサは機転をきかせて、ジルに森へ連れていかせて隙をみて逃げ出す。一方、ロイはベッドに縛りつけたキャシーを再三犯そうとするが、彼の異常性格の原因だった亡父“ダディ”(ウィリアム・ヒッキー)の幻に惑わされ果たせず、怒りを溜め込んでいた。逃げようとしたキャシーとデイヴィッドに襲いかかったロイは“ダディ”の幻をみて発砲、ジョージーナを射殺してしまう。乱闘の末、キャシーはロイからショットガンを奪い取り、彼を射殺する。逃げのびたサマンサを連れそこを立ち去るキャシー夫婦の後ろで、残されたジルが泣いていた。

1995年製作/アメリカ
原題:The Maddening
配給:アミューズビデオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る