名物三羽烏
ホーム > 作品情報 > 映画「名物三羽烏」
メニュー

名物三羽烏

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「大河の奇賊」「港々の女難想」と同じくヴィクター・マクラグレン氏の主演する映画で、フレデリック・ハズリット・ブレナン氏の原作により「赤毛布恋の渦巻」「四人の息子(1928)」と同じくジョン・フォード氏が監督したものである。マクラグレン氏の相手役は「ダニューブの漣」のリートリス・ジョーイ嬢が演じているが、そのほかに「港々の女難想」のクライド・クック氏、「赤毛布恋の渦巻」のJ・ファーレル・マクドナルド氏、近頃ではフートギブスンの活に携っている古い喜劇俳優のスリム・サマービル氏、等も出演している。キャメラは「無実の罪」「田舎娘」と同じくジョセフ・オーガスト氏。

ストーリー

ストロング・ボーイと異名されるビル・ブロスはある停車場で荷物運搬人をやっていた。そして呑気で頭の鈍い彼は何等の向上心も持たずその地位に甘んじていた。それが彼と仲良しのメリー・マグレゴアを少なからず苛立たせていた。ところが、このメリーを目指して彼の恋敵となっているのに仲間のスリムと停車場の役員ウィルバー・ワトキンスとがあった。これでは己も何かしなくてはならぬとおぼろげながらビルにも感慨があった。そうしている内に、トランクの下につぶされる所だった少女をビルが救ったことから、彼は昇進して遺失物係となった。で、彼は得意になり、その地位にまた満足した。メリーがまたやっきとなったのは言うまでもあるまい。が、その後、ある婦人の首飾りを猿が持って逃げた時、その猿を首尾よく捕らえので再び彼は昇進して今度はリゾニアの女王の御召し列車の火夫に任命されることになった。そして盗賊がその列車を襲った時、ビルは初めて生れてからの本当の己れの真価を現わして、女王を守った。そのお手柄からメリーは彼と結婚して彼の功をねぎらうこととなった。...

作品データ

原題 Strong Boy
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

駅馬車 荒野の決闘 黄色いリボン アパッチ砦
駅馬車 (吹替版) 荒野の決闘 黄色いリボン アパッチ砦 (吹替版)
  • Powered by Amazon
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi