ALLTIME BEST

劇場公開日

11%
49%
32%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

突如として凶暴化した鳥の大群に襲われる人々の恐怖を描いた、アルフレッド・ヒッチコック監督による名作パニックスリラー。ダフネ・デュ・モーリアの短編小説を原作に、推理小説作家エバン・ハンターが脚色を手がけた。新聞社の社長令嬢メラニーは、ペットショップで知り合った弁護士ミッチに興味を抱き、彼を追ってボデガ湾沿いの港町を訪れる。その町で、メラニーは突然舞い降りてきた1羽のカモメに額をつつかれてしまう。翌日、ミッチの妹キャシーの誕生日パーティで、カモメの大群が子どもたちを襲う事件が発生。夜には無数のスズメがミッチの家に侵入し、その後も町のあちこちで鳥の大群が人間たちに襲いかかる。

1963年製作/120分/アメリカ
原題:The Birds
配給:ユニヴァーサル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 アカデミー賞(1964年)

ノミネート

特殊効果賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

4.0原初的な恐怖を描くために駆使された最新テクノロジー

2019年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

ヒッチコックを語るときに欠かせないこの怪作。フィクションを扱った原作モノでありながら、しかしヒッチコックは実際に起こった鳥の大量発生や襲撃事件を周到に調べ上げ、「現実に起こりうること」として内容を膨らませていったそうだ。

改めて鑑賞してハッと気づくのは、全編を通して全く音楽が存在しないこと。代わりにドイツで探し出した電子楽器を用いて鳥の鳴き声をサンプリング加工することで、これまでにない不気味な音響効果をもたらし、さらにこれを駆使した冒頭の鳴き声の連なりは、さながら不気味な現代音楽のようにも聴こえてくる。

また、当時の未成熟な特殊効果をどうすべきかという課題も彼らの頭を悩ませたが、結果的にディズニーが開発した特殊効果を採用することで、おびただしい数の鳥が画面に違和感なく溶け込む状態を創り出した。こうして未だに人々を震撼させ続けられるのは大したもの。見るたびに新たな発見が得られる一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

4.0問いかけることは

2022年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

知的

私は、映画というのは作り手が何を言いたいか、を必ず意識して観ている。
人間が世界のすべてをコントロールできるはずもなく、もしこうなったら・・・という怖い気持ちになった。
現代に通じるのは、インターネットを始めとするデジタル技術も、すでにコントロールが難しくなっていることである。
戦争も然り。取り返しがつかない事態にならないように、英知を絞っていい方へ向かって欲しいものだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かずジー

3.0相当昔の映画だけど、これどうやって撮ったんだろうって場面の連続 C...

ジョンさん
2021年12月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

相当昔の映画だけど、これどうやって撮ったんだろうって場面の連続
CGに頼らない昔の映像はやはり見てるだけで楽しい
ただストーリーはやはり古臭い。特に何もオチがないのが残念

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョン

5.0母に代わって息子の恋人を襲う鳥の心理学

2021年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

子供の頃、初めて観た時は特殊撮影が売り物のパニック映画だと思った。
しかし、大人になって、この作品は母性の自己防衛を描いた、ヒッチコックの好きな「心理学映画」だと気づいた。

男性主人公のミッチはハンサムで高給取りの弁護士。まだ独身なのは、彼に近づく女性は母親に排除されてしまうからだ。
父が他界した後、母は息子に依存し、二人は強固な母子関係で結ばれている。母にとって息子は自分一人のものであり、彼に近づく若い女性は自分から息子を奪う敵である。

そんな息子に近づいてきたのがヒロインの富豪令嬢ティッピ・ヘドレン。彼女は得意なイタズラを仕掛けるために、息子の住まいを訪問する。すると突然、一羽の鳥が彼女にぶつかってくる。これが前触れである。

傷の手当をした後、ティッピは母親に紹介される。疑念に満ちた表情で彼女を凝視める母親。
若く美しい、教養と機知に富んだティッピは、息子にとって申し分のないパートナー候補だ。それを見てとった母性は、いっきに警戒心と攻撃本能を全開にする。

翌日、妹の誕生パーティで、ティッピとミッチは母について興味深い会話を交わす。母と強い絆で結ばれるミッチは、ティッピには母親の愛情が必要だと語る。しかし、11歳の時にティッピの母親は彼女を捨て、他の男と駆け落ちしてしまった。彼女は母性なるものと激しく対立する考えを持っており、母親の愛情など邪魔でしかない。
このパーティ会場に鳥が襲来し、子供たちに襲い掛かり、その晩、ミッチ宅でのディナーでも煙突から無数の鳥が飛び出してくる。幸いにも大事には至らなかったが、恐怖の中で若い二人が接近すればするほど、母は険悪な目付きになっていく。

次の日、周囲一帯は鳥パニックに陥ってしまう。近所の知人を訪ねると鳥に両目を抉られて死んでいる。
学校には夥しい鳥の群れが取り囲み、子供たちを襲い、街の中心部でも通行人や店、車を襲い、ガソリンスタンドまで爆発してしまう。
母性は怒り狂い、怒りは炎となって燃え上がる。街全体が鳥に覆われ、鳥はありとあらゆる人々を攻撃し、母子やティッピが立て籠もる家にも攻撃してくる。最後には多数の鳥に攻撃されたティッピは、酷い負傷を追ってしまう。

ここまでくると鳥の襲来は危機を察知した母性の自己防衛と、敵であるティッピへの攻撃本能の象徴であることが、観る側にも伝わってくる。
最後に鳥たちが穏やかになるのは、ティッピが傷つき、息子が彼女を愛し始めたことに気づいた母性が、自己の敗北を悟ったからに他ならない。

ヒッチコックの心理学への傾倒はよく知られており、同じティッピの「マーニー」や、グレゴリー・ペックの「白い恐怖」はフロイトの精神分析学入門の趣きを呈している。
そして、本作の前の作品が「サイコ」であることも忘れてはいけない。その最後で、主人公ノーマンの殺人動機はどう説明されていたか。
「ノーマンの半分は母親となり、彼が女性に惹かれると嫉妬心を燃え上がらせ、その女性を殺してしまった」
ノーマンの「母親」は自分で殺人に手を染めたが、ミッチの母親は嫉妬を鳥に仮託させてティッピを殺そうとしたように見える。つまり、本作は「サイコ」の続編と見ることもできるのである。
ちなみに町の中心部が襲われた時、レストランで住民たちが怪しげな蘊蓄を傾け合うシーンが小生は大好きなのだが、中でイスラエル民族の罪を糾弾したエゼキエル書等を引用する酔っ払いがいて笑わせる。同書は「パルプ・フィクション」でも奇怪極まる引用がされており、あるいは本作の遠い影響があるのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る