鳥 : 関連ニュース

ホーム > 作品情報 > 映画「鳥」 > 関連ニュース
メニュー

劇場公開日 1963年7月5日

関連ニュース:鳥

舞台「文豪ストレイドッグス」第3弾タイトルは「三社鼎立」 鳥越裕貴、多和田任益らが出演(2019年2月23日)

「文豪ストレイドッグス」舞台化第3弾のタイトルが、「文豪ストレイドッグス 三社鼎立(さんしゃていりつ)」に決定し、キャストも発表された。中島敦役を鳥越裕貴、太宰治役を多和田任益が、舞台版第1弾および第2弾「黒の時代」から続投するほか、第1弾以来の出演となる芥川龍之介役の橋本祥平、中原中也役の植... 続きを読む

「インフィニット・デンドログラム」斉藤壮馬、大野柚布子、日笠陽子ら出演でTVアニメ化(2019年2月19日)

海道左近氏の人気ライトノベル「<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-」が、ホビージャパン50周年記念作品としてテレビアニメ化されることが決定し、ファーストビジュアルと主要キャストが発表された。主演の斉藤壮馬をはじめ、大野柚布子、日野聡、小市眞琴、高田憂希、... 続きを読む

原恵一監督最新作「バースデー・ワンダーランド」に市村正親、杏、麻生久美子ら声優出演!(2019年2月19日)

日本を代表するアニメーション監督・原恵一の最新作「バースデー・ワンダーランド」に、市村正親、杏、麻生久美子らが声優として出演することが分かった。同作は、柏葉幸子氏の名作児童文学「地下室からのふしぎな旅」(講談社青い鳥文庫)が原作。誕生日の前日、自分に自信のないアカネは、謎めいた大錬金術師のヒポ... 続きを読む

「ウィーアーリトルゾンビーズ」ベルリン映画祭で長編日本映画として初の快挙(2019年2月18日)

第69回ベルリン国際映画祭で、「ジェネレーション14プラス」部門に出品された長久允監督の「ウィーアーリトルゾンビーズ」が、ティーンの審査員メンバーが選ぶ同部門のスペシャル・メンション(特別表彰)を受賞した。この部門における長編日本映画としては初の快挙だ。長久監督は感激もあらわに、「この部門で評... 続きを読む

柄本佑、母・角替和枝さんに捧ぐ夫婦同時主演賞「絶対喜んでくれるはず」(2019年2月15日)

第73回毎日映画コンクールの表彰式が2月14日、神奈川・川崎のカルッツかわさきで行われた。日本映画大賞は「万引き家族」で、安藤サクラの女優主演賞、樹木希林さんの女優助演賞と合わせ3冠。是枝裕和監督は、大賞は初受賞だが「役者を褒められるのが、監督としては何よりうれしい。ありがたく思っている」と謙... 続きを読む

新レーベル「エロティカ クイーン」始動! 第1弾はいまおかしんじ×川瀬陽太のタッグ作などを上映(2019年2月15日)

キングレコード発の新映画レーベル「KING RECORDS presents エロティカ クイーン」の始動が決定。“大人の男女”を魅了する作品の発信をコンセプトにしており、記念すべき第1弾として、いまおかしんじ監督作「こえをきかせて」、高原秀和監督が手がけた「焦燥」「グラグラ」が、4月6~8日... 続きを読む

「スナッチ」「レザボア・ドッグス」「オーシャンズ11」を参考に強盗!? 衝撃の実話映画、5月公開(2019年2月15日)

大学生4人が時価1200万ドル(約12億円相当)のビンテージ本強奪を狙った実話を描く「American Animals(原題)」が、「アメリカン・アニマルズ」の邦題で5月17日から日本公開されることが決定。あわせて、日本版ポスターと予告編、場面写真がお披露目された。メガホンをとったのは、ドキュ... 続きを読む

安藤サクラ、柄本佑との夫婦W受賞に歓喜「こんなお祭り騒ぎもうない」(2019年2月11日)

日本で最も歴史のある映画賞「第92回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が2月10日、東京・文京シビックホールで行われた。作品賞に当たる日本映画ベスト・テン第1位、読者選出日本映画監督賞、安藤サクラの主演女優賞と、故樹木希林さんの特別賞も合わせ“4冠”を達成した「万引き家族」。是枝裕和監督は英アカ... 続きを読む

人気RPG「二ノ国」ジブリ出身・百瀬義行監督で長編アニメ化!主演は山崎賢人(2019年2月9日)

人気RPGシリーズ「二ノ国」の長編アニメーション化が決定し2月9日、都内で製作発表会見が行われた。タイトルは「二ノ国」。スタジオジブリ出身のアニメーション監督、百瀬義行がメガホンをとり、人気俳優の山崎賢人が主人公のユウ役で声優初挑戦を果たす。ワーナー・ブラザース映画が配給し、2019年夏に全国... 続きを読む

ベルリン国際映画祭開幕!ジュリエット・ビノシュ審査委員長らが会見(2019年2月9日)

69回目を迎えたベルリン国際映画祭が、2月7日(現地時間)に開幕した。今年は名物ディレクターとして18年間にわたりベルリンの顔だったディータ・コスリックの最後の年に当たるため、開幕前から注目を集めていた。ベルリンを一般観客に開かれた世界で最も大きな映画祭に育て、ポリティカルなフェスティバルとい... 続きを読む

1321件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報