オープニング・ナイト

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
オープニング・ナイト
44%
43%
4%
9%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自らの老いを自覚しはじめた有名舞台女優が、新作舞台の初日を迎えるまでの葛藤を描いた人間ドラマ。舞台女優として活躍するマートルは、自分の熱狂的ファンだという少女が車にはねられ即死する現場を目の当たりにしたことをきっかけに、精神のバランスを崩しはじめる。そしてついに新作舞台の初日の夜、開演までに戻るという言葉を残して行方をくらませるが……。ジーナ・ローランズがヒロインを見事に演じ、ベルリン国際映画祭主演女優賞を獲得。

1977年製作/144分/アメリカ
原題:Opening Night
配給:ザジフィルムズ
日本初公開:1990年2月

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第35回 ゴールデングローブ賞(1978年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) ジーナ・ローランズ
最優秀助演女優賞 ジョーン・ブロンデル
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1977 Faces Distribution Corporation

映画レビュー

4.0お酒の酔いと精神的な不安定さと

asmさん
2020年12月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

映画のオープニングは急に始まり、舞台のオープニングに強引に連れて行かれる
舞台の裏と表を行き交う役者の映像により、見てる私も舞台裏にいるかのような気分になり、緊張感がリアルでした。

ジーナ・ローランズの芝居は凄いです
さらに、カメラワークが絶妙で
お酒の酔いなのか、精神的な病みなのか、不安定さをダイレクトに感じることができました

劇場を出る時、少しめまいを感じちゃった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
asm

4.5すごい緊迫感!

2020年5月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

どこまでアドリブ?って緊迫感がすごい。舞台人の愛憎が滲み出る。憎みながら愛する。ジーナ・ローランズは素晴らしい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドラゴンミズホ

3.5こわれゆく女優

2019年11月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

難しい

途中から心霊現象に突入し、ソレ系の話になって行くのかと少し、戸惑ってしまった!?

ピーター・フォークにシーモア・カセッルとカサヴェテス常連俳優の贅沢な使い方に、ボグダノヴィッチ!?

ラストは即興の芝居を夫婦で演じているような、本当に客を呼んでの演劇を繰り広げているような演出が、素晴らしく魅了される。

演出、脚本家、製作者を振り回し困らせる我儘な女優が舞台を成功させるまでの苦悩を、奇想天外に!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

2.0あれ?コロンボ刑事?

2015年11月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

中年の女優が老け役を受け入れることができず、若さへの未練を断ち切ることに四苦八苦しなけばならない様子を描く。劇中劇となる、劇場での芝居とジーナ・ローランズ演じる中年女優の葛藤が重なる。
これ、今年アカデミー賞獲った「バードマン」と同じような題材じゃないか。演劇の舞台裏、脚本家や演出家との相克。ほとんど同じことを取り扱っている。
無論、イニャリトゥとジョン・カサベテスの映画文法は大きく異なるから、パクリだとか二番煎じだとか言うつもりはない。ただ、老いや若手に一線を譲ることへのこだわりは常にドラマとなりうるものなのだということ。
女優の香川京子もさるトークショーで、初めて老け役が回ってきたときに落ち込まない女優はいないという話をしていたが、その言葉が脳裏に甦った。
カサベテスの作品を初めて観たが、小津なみの映画文法へのこだわりを見せている。多用されるクロースアップの多くは、接写するのではなく、望遠で迫っている感じが出ている。これが画面の動揺を生み出し、人物の不安定な心理を見事にあぶり出すのだ。

見事にニューヨークでの初日公演を終えたローランズに花束を捧げる男性がほんの一瞬だけ画面に映る。誰かに似ていると思ったら、刑事コロンボのピーター・フォークではないか!
立ち去ると見せかけて、「あ、そうそう、うちのかみさんがあなたの大ファンでして。・・・・・・」なんてセリフが飛び出しても不思議ではないラストであった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
佐分 利信
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「オープニング・ナイト」以外にこんな作品をCheck-inしています。