群衆の中の殺し屋

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジョン・クレアリーの原作をウィルフレッド・グレイトレックスが脚色、「キッスは殺しのサイン」のラルフ・トーマスが監督したサスペンス・アクション。撮影は「キッスは殺しのサイン」のアーネスト・スチュワード、音楽を「しのび逢い」のジョルジュ・ドルリューが担当。出演は、「戦争プロフェッショナル」のロッド・テイラー、「トリプルクロス」のクリストファー・プラマー、「偽の売国奴」のリリー・パルマー、「マッケンナの黄金」のカミラ・スパーブなど。

1968年製作/アメリカ
原題:The High Commissioner
配給:松竹映配

ストーリー

刑事マローン(ロッド・テイラー)はオーストラリア高等弁務官クェンティン(クリストファー・プラマー)を殺人の罪で逮捕するためイギリスに来た。政府は数年来の敵ニュー・サウス・ウェールズの首脳がクェンティンを殺そうとしている事実を知り、彼を帰国させ裁判するためマローンを派遣したのだった。空港に着いたマローンはさっそくクェンティンを訪れ、その目的を話すと、クェンティンは重要な世界会議があるので、それが終了するまで待って欲しいと頼んだ。そしてその日までマローンはクェンティンのボデーガードとなることにした。会議が開催されるまでの数日間、クェンティンもそれに付き添うマローンも、しばしば身の危険にさらされた。そうした中でマローンはクェンティンの妻シェイラや親しい友人マダム・コロンなどを知った。クェンティンが17年前最初の妻を殺したというのは、本当は事故だったのである。しかし、マローンがその事実を追求したことにより、クェンティンの地位は崩壊、妻シェイラとマダム・コロンは死んだ。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る