エリジウム

劇場公開日

エリジウム
7%
46%
41%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督がマット・デイモンを主演に迎え、富裕層と貧困層に二分された世界を舞台に描くSFサスペンスアクション。2154年、人類はスペースコロニー「エリジウム」に暮らす富裕層と、荒廃した地球に取り残された貧困層とに二分されていた。地球に住む労働者で、事故により余命5日と宣告されたマックスは、エリジウムにはどんな病気でも治すことができる特殊な装置があることを知り、厳しい移民法で出入りが制限されているエリジウムへ潜入を試みる。エリジウム政府高官役でジョディ・フォスターが共演。「第9地区」のシャルト・コプリーも出演。

2013年製作/109分/PG12/アメリカ
原題:Elysium
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハロウィンⅡ
  • 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
  • クラウン
  • CAGE ケージ
  • Mr.タスク
  • バニー・ザ・キラー
  • 道化死てるぜ!
  • アメリカン・バーガー
  • サウスバウンド
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5職場の韓ドラブームのせいで久しぶりの映画鑑賞(笑) なかなか面白い...

2021年9月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

職場の韓ドラブームのせいで久しぶりの映画鑑賞(笑)
なかなか面白いSF設定。超富裕層は宇宙に住んでるのか。どんな病気も治してくれるマシンすごすぎ。貧民にも使わせてあげてよ、超富裕層ケチすぎ(笑)
本作、アクションもまずまずで見ごたえ充分。破綻している設定も結構あるが、まあ許せるかな。許せないのはジョディ・フォスターの雑な扱い。ひどいもんです(笑)
TVO吹替版鑑賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

2.550点

2021年9月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

映画評価:50点

面白かった。
いつか本当に現実になりそうで、
絶対にならない世界の話し。

太古から
奴隷と、それを使うもので
二極化されていたので、
なんら不思議はないが

絶対にありえない。

あの医療ポッドがある以上、
二極化も必要ないし、転居する必要もないからだ

作中に大気汚染や感染などが
テーマに出されていたが

あの医療ポッドが存在しているのに、
何故気にする必要があるのだろうか?

限りがあるから?

でも各家庭に1つ常備されているし、
白血病や、骨折、顔の形成に対して
1分もかからずに再生を施していた。

大気汚染なんて気にする必要がないだろうに、

お陰でこの物語をチープなモノにしてしまった。

あれだけの技術の進歩があるのに
何故、貧しい人間が存在するのかが疑問だ
意味がわからない。

矛盾点が多すぎでした。
テーマは面白かったし、
内容も良かっただけに
この非現実(妄想)さが非常に残念でした。

とりあえず、
この作品を見て
改めて現実(真実)だと実感する事は

・死ぬ気になれば何でも出来る。
・母は強し

だということ。

それにしても夢が詰まっています。
あんな医療ポッドがあれば、
人は何歳まで若く健康でいられるのだろうか、

壮大なテーマを感じました。

ps.アクションシーンの必要性を感じなかったです。

【2021.9.2観賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

3.0サクッと殺される

2021年8月26日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomokuni0714

4.5新感覚のディストピアSF

Minaさん
2021年8月9日
Androidアプリから投稿

医療ポッドに入れば病なども直るという、誰もが想像したことのある理想郷、それがエリジウムである。残念なことにそれが地球では実現できず、宇宙に限られた人間を連れて行ってようやく実現したものだ。ここではやはり富裕層が有利であり、貧困層は汚染された地球で暮らすしかないという設定である。まさに天と地の差が出てしまった世界である。監督は「第9地区」のニール・ブロムガンプ。同作品については個人的にはSF史に名を残す名作と思っているが、本作もそれに近い感動がある。被爆した主人公が、体に強化パーツを付けて闘いに身を投じるのだが、監督はガジェットマニアの監督ならではの設定だろう。富裕層はスポーティなガジェットに乗り、貧困層の人間は汚くて味のあるガジェットを使用する辺りもコントラストが効いていて大変良い。映像もスタイリッシュなのに加えて、天と地の違いようなどが明確で素晴らしい。流石の一言である。
少なくともSFディストピアだと映像は綺麗で当たり前かもしれないが本作は対照的であり、血肉飛び散るバイオレンス満載の作品だ。このテーマは過去あまり描かれていないものでは無いだろうか。それも相まってラストは感動的な物であり、感傷に浸ってしまう。非常に有意義な2時間を過ごす事が出来る作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mina
すべての映画レビューを見る(全158件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る