ペタル ダンス

劇場公開日:

ペタル ダンス

解説

「好きだ、」(2006)の石川寛監督が、同作の主演・宮崎あおいと6年ぶりに再タッグを組み、小さな旅のなかで人生を見つめなおしていく女性たちの姿を描いたドラマ。大学時代から友達のジンコと素子は、地元に残ったミキが自ら海に飛び込み、溺れかけたが助けられたという噂を耳にする。心配した2人は、休暇を合わせてミキに会いに行くことを決める。ジンコの職場で知り合った原木も加わり、3人は1泊2日の予定でミキが住む北の果ての町を目指すが……。ジンコを演じる宮崎のほか、忽那汐里(原木役)、安藤サクラ(素子役)、吹石一恵(ミキ役)の4人が主演する。

2012年製作/90分/G/日本
配給:ビターズ・エンド
劇場公開日:2013年4月20日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2013「ペタル ダンス」製作委員会

映画レビュー

5.0タイトルなし

2024年6月4日
Androidアプリから投稿

宮﨑あおい
忽那汐里
安藤サクラ

この三人が、自殺未遂をして入院している友だち=吹石一恵に会いに行くはなし。

台本も無しに、監督はこの四人に即興で好きに演じさせたのだという。
狭い車の中で、そして海岸で。
彼女たちは《死のうとした友だちに今から会うのだ》という、とてつもなく重たい緊張を負っている。

筋書きがシリアスである上に、決められた台本も、与えられた台詞も無いものだから、同世代の実力派女優たちの実験的共演への緊張が、さらにそこに上乗せされているのだろう。皆の硬い表情からそれが伝わる。

若い娘たちの心が、
風に押しつぶされて折れて曲がりそうな 生き様の木になり、
飲み込まれて藻屑になりそうな死に様の 荒磯の波になる。

オファーに応えたプロの役者であることと、プロットに没入する主体が生身の自分自身であることとがひとつになっているから、
なにか、画面がドキュメンタリーのようにも見えてくるのだ。
この企画でなければ、まず顔を合わせることなどなかったろう演者四人の素性を、僕は生身で見せてもらった気がする。

全員が凄い。
全員がバラバラだけど、それぞれの理由で死に損なった友だちに会いに行こうとしている。

監督は、期待以上のものが撮れて身震いしたのではないかと思う。

・ ・

地元を離れているので同窓会的なものには縁がなかった僕なのだが、この秋、45年ぶりに親友に会う計画を立てている。
死ぬまえに会っておきたいと、お互いに想っていたことが判明したからだ。
風と涛と、命と死を経て、勇気を出して旧知と相まみえる計画だ。
どのような言葉や表情が、この自分から湧き出すのか分からない。
人生は劇場だ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
きりん

3.0【2013年公開の作品。今にして観ると余りに豪華なキャストと、余りに静謐でアーティスティックな世界観が印象的なロードムービー。】

2023年6月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

■ある日、大学時代からの友達であるジンコ(宮崎あおい)と素子(安藤サクラ)は驚くような話を耳にする。
 6年間会っていなかったかつてのクラスメイト・ミキ(吹石一恵)が、自ら海に飛び込んだというのだ。
 2人は偶然知り合った原木(忽那汐里)も連れて、一命を取り留めたミキに会うために雪舞う北を目指す。

◆感想

・今作の監督は、今作以降映画を公開していない。宮崎あおいさんがインタビューで応えているように、世界観が独特で好み(評価)が分かれたからであろうか。

・ストーリーもシンプルであり、登場人物達が抱える背景も余り詳しくは描かれない。つまりは、観る側に想像させる様な映画の構成なのである。

<起承転結をキッチリと求める人には向かないかもしれないが、今作のように解釈を観る側に委ねる作品は好きである。
 今作は、茫漠たる不安を抱えた女性たちが久しぶりに合う中で微かなる希望を感じ、新たな一歩を踏み出そうとする姿を描いたロードムービーである。>

コメントする (0件)
共感した! 1件)
NOBU

2.0台詞まわしが独特ですね 自然に聞こえると言えば聞こえるけれど、間が...

2018年7月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

台詞まわしが独特ですね
自然に聞こえると言えば聞こえるけれど、間が多いし、下手すると退屈に感じてしまう
安藤サクラと宮崎あおいを共演させるならもっと違った作品を期待してしまうが、この二人だからなんとか持つのかなという感じもする

こんな重い場面に知り合ったばかりの若い子連れてくるか?とか、いろいろ不自然さはあれど、
観終わった後の気分は悪くない
音楽と風景が素敵でした

コメントする (0件)
共感した! 1件)
minami

3.0物語の起伏はまったくない、それでも退屈せずに集中して観れたのは、四...

2017年8月7日
iPhoneアプリから投稿

物語の起伏はまったくない、それでも退屈せずに集中して観れたのは、四人のキャストの演技が自然でよかったからだと思う。
見終えたあとの満足感はほぼないがが、暇潰しにはいい作品!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
へまち
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る