劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning
17%
46%
29%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2011年4月~9月に放送され大きな話題を呼んだヒーローアクションアニメ「TIGER & BUNNY」の劇場版第1作。「NEXT」と呼ばれる能力者が、街の平和を守るヒーローとして活躍している巨大都市シュテルンビルト。ヒーローたちはスポーツ選手のように企業のヒーロー事業部に所属し、スポンサーの広告を背負って戦いに従事。活躍に応じて加算されるポイントを競い合っていた。そんなヒーローの1人、ワイルドタイガーは、すでにベテランの域に達し、最近は人気下降に悩んでいたが、ある日、スポンサーから生意気な若手ヒーローのバーナビーとコンビを組むように命じられ……。TVシリーズの第1~2話をベースに、TVでは描かれなかったエピソードも展開する。

2012年製作/93分/G/日本
配給:松竹、ティ・ジョイ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
サンライズ
原作
サンライズ
製作
宮河恭夫
川城和実
稲葉貢一
秋元一孝
紀伊宗之
峠義孝
竹田青滋
大芝賢二
プロデューサー
田村一彦
松井千夏
エグゼクティブプロデューサー
尾崎雅之
武井潤
脚本
西田征史
ストーリーディレクター
西田征史
キャラクター原案
桂正和
ヒーローデザイン
桂正和
キャラクターデザイン
羽山賢二
板垣徳宏
メカデザイン
安藤賢司
総作画監督
羽山賢二
板垣徳宏
デザインワークス
小曽根正美
絵コンテ
竹内浩志
寺岡巌
中澤勇一
米たにヨシトモ
演出
吉沢俊一
北村真咲
綿田慎也
作画監督
渡邉元子
山本美佳
板垣徳宏
中野圭哉
井畑翔太
津幡佳明
実原登
色彩設計
永井留美子
美術デザイン
児玉陽平
美術監督
大久保錦一
撮影監督
田中唯
後藤春陽
モニターグラフィック
田村あず紗
特殊効果
安部貴俊
村上宜隆
3DCGディレクター
笹川恵介
タイトルロゴデザイン
海野大輔
編集
奥田浩史
音楽
池頼広
主題歌
UNISON SQUARE GARDEN
オープニングテーマ
NOVELS
挿入歌
Rihwa
音響監督
木村絵理子
音響効果
合田麻衣子
企画協力
さとうけいいち
久保忠佳
原案協力
バンダイビジュアル
脚本協力
クィーンビー
アニメーション制作
サンライズ
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31
  • 画像32
  • 画像33
  • 画像34
  • 画像35
  • 画像36

(C)SUNRISE/T&B MOVIE PARTNERS

映画レビュー

0.5なるほど、ド○えもんか。

Veetさん
2017年11月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Veet

3.0日本にだってヒーローはいる

オレさん
2016年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

NEXTと呼ばれる特殊能力者たちが平和を守るヒーローとして大都市シュテルンビルトで大活躍する姿を生中継でTV番組にするという倫理的にアウトなエンターテイメントを題材にしたアニメシリーズの劇場版第1作。

気付けばMCUもDCEUもX-MENシリーズも全て見てしまった。しかしまだ足りない新作も結構先。というわけでまた見始めたこのシリーズもう何回目かわからない笑。
犯罪者を捕まえることによって得点を与え、年間で1番活躍したヒーローをキングオブヒーローに選ぶという絵に描いたように能天気な街を舞台にした作品。

もういろんなヒーローをごちゃ混ぜにしたようなヒーローがたくさん出てくる。
タイガーのワイヤーアクションはどう見てもスパイダーマンだし、オリガミはミスティークだし、スカイハイはストームだし、ドラゴンファイヤーブルーの3人は海軍三大将だしでもうなんでもあり。

テレビシリーズ未見の人でも楽しめるように前半は総集編で後半はオリジナル展開。さらにはテレビシリーズ見た人でも楽しめるようにロックバイソンの能力紹介もあり笑。そういえば通しで見ても一切能力描写なかったし、無くても全然気にならなかった笑。のわりには地味な能力笑。

正直バニーがツンツンしてる頃は観ててイラっとするが、後半になってコテツリスペクト全開になってくるのもちょっとキモい笑。
腐成分は少しはあるかもしれないが全然気にならないし、何より面白い。もうちょっとコテツがキレ者キャラでもいんじゃないかなとは思うこいつも余りにアホ過ぎる時があってたまにイラっとする笑。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オレ

3.5僕の人生の2時間を楽しませた

近大さん
2015年2月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

人気TVアニメの劇場版。
このアニメの存在やタイトルは知っていたけど、毎度の事ながらTVシリーズは未見で鑑賞。

“ネクスト”と呼ばれる特殊能力者がヒーローとなり、悪を逮捕する様がTVで中継されている近未来。
峠の過ぎたベテランヒーロー、ワイルドタイガーは生意気なルーキー、バーナビー・ブルックスとコンビを組む事に…。

TVシリーズ未見の劇場版は当然の如くいつも退屈するのだが、これはなかなか!
調べてみたら、TVシリーズの第1話第2話をベースにしているらしく、その為分かり易かったと言う事もあるのだが、単純に話が面白かった。

意外とコミカルで、ヒーローたちも個性豊か。
ヒーローたちにはそれぞれスポンサーがつき(スポンサーは実名!)、TVの視聴率や自らのポイント稼ぎなどの見世物。
さながら「X-MEN 」+「ハンガー・ゲーム」のアメリカンな感じながら、このユニークな設定の異色ヒーローには日本ならではのオリジナリティが感じられる。

個性豊かなヒーローの中でも、やっぱりワイルドタイガー。
人気下降気味の時代遅れ。主役なのにハッキリ言って格好いい見せ場もナシ。
でも、他のヒーローが私利私欲なのに対し、唯一熱いヒーロー魂を持っている。何だか「イン・ザ・ヒーロー」を思い起こさせた。
三枚目的な性格も親近感湧き、妻との死別も挿入エピソードながら結構感動的。
シングルファーザーしながら、頑張れ、中年ヒーロー!

コンビを組むバーナビーはいけ好かない若造だけど、どうやら目的があるようで…。
これまた調べてみたら、凸凹だった二人に相棒としての絆が芽生えたり、一波乱の展開があるらしい。

機会があったら続きも見てみたい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.0とっかかりには良いかも…?

未来乃さん
2014年6月6日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

泣ける

楽しい

単純

前半はテレビシリーズの1、2話をまとめた出会いのエピソード。
タイバニを観た事無い人に最初にお勧めするには良いかもしれません。
が、ざっくりテレビを観ていた人にはハァ?テレビの総集編?つまらんって感じじゃないでしょうか…。
後半は新エピソードですが、あれれ?映画らしい壮大感は無いですね。
そこそこ楽しめましたが。
映画館でやる必然性をあまり感じ無かったけど、作品自体は好きなのでブルーレイでも購入しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
未来乃
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「TIGER & BUNNY」シリーズ関連作品