パパの木

劇場公開日

  • 予告編を見る
パパの木
0%
35%
36%
29%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

デビュー作の「やさしい嘘」(2003)でカンヌ国際映画祭批評家週間を受賞したジュリー・ベルトゥチェリの監督第2作。突然目の前で父親を亡くした子どもたちと残された妻が、一本の大きな木を通して悲しみを乗り越えていく姿を美しい映像とともに描く。オーストラリアの広大な自然に囲まれて暮らすドーンとピーターの夫婦は、4人の子どもたちと幸せな日々を送っていた。しかしある日、夫ピーターが心臓発作を起こして死亡。運転中だった車は庭の大木に衝突して止まった。まだ人の死を理解できない8歳の娘シモーンは、ピーターがぶつかった庭の木にパパがいると言いはじめ、木を相手に話し始める。最初は真に受けなかったドーンも、木に話しかけることで心の平静を取り戻していく。

2010年製作/100分/G/オーストラリア・フランス合作
原題:The Tree
配給:エスパース・サロウ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)photo : Baruch Rafic – Les Films du Poisson/Taylor Media – tous droits reserves – 2010

映画レビュー

2.0母さん弱すぎ…

peanutsさん
2013年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

幸せ

なんか微妙な仕上がりで…。
今時描くにはこの母さんは弱すぎるかな〜。
4人も子どもいるのに、ダンナがしんで8ケ月も泣き続けるなんて今時あり得ない。
当然、生活は荒れるばかり、子どももわがままばかり…結構、この家族バラバラです。
いろいろあって最後は家族愛にめざめるのはいいけど、どうにも途中経過に納得できないのでした…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts

2.0オーストラリアの壮大な美しい自然と、子供は可愛いが・・・

2013年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る