ある秘密

劇場公開日

  • 予告編を見る
ある秘密

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスでベストセラーとなった同名小説をクロード・ミレール監督が映画化。第2次大戦下のフランスで、あるユダヤ人一家に起こった悲劇を描く。内気で病弱な少年フランソワはある日、屋根裏部屋で古いぬいぐるみを見つけたことをきっかけに、両親の知られざる過去を知る。父マキシムは母タニアと一緒になる前、アンナというユダヤ人女性と結婚していた。しかし、ナチスの存在がアンナの情緒を不安定にさせ、その一方でマキシムは結婚式で出会った美しいタニアに心ひかれていき……。セシル・ドゥ・フランス、リュディビーヌ・サニエ、マチュー・アマルリックら現代仏映画界を代表する豪華キャストが共演。

2007年製作/110分/フランス
原題:Un secret
配給:紀伊國屋書店、マーメイドフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)Thierry Valletoux

映画レビュー

4.5なんといってもセシル・ドゥ・フランスの美しさ

梅薫庵さん
2012年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

思わぬ拾い物の一本。

第二次大戦下、ユダヤ人の両親の
秘められた過去、禁断の恋を
二人の子ども、フランソワの眼を通して語っていく

強烈かつ情熱的な
ラブストーリーであると同時に
ユダヤ人として生きるか、
フランス人として生きるか
戦争、迫害という極限の状況で
究極の選択をせざるを得なかった
家族の人間ドラマでもある

現在をモノトーン
過去をカラーという描き分けも
意表をついてユニークだが
(普通は逆だろう)
内気な主人公フランソワ少年が
こころで空想する兄の存在が
両親の過去を遡っていくうちに
現実であったと徐々に
わかってくるあたりの描き方も秀逸

そのうえでなんといっても
セシル・ドゥ・フランスの美しさ
素肌を魅せるシーンが多いが
(濡れ場もしっかり)
彼女の持つ凛とはりつめた肉体美
神々しいまでのエロティシズムは
アメリカや日本の、当代の女優には
のぞむべきもないものだろう

めずらしくお気に入りの女優になった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
梅薫庵
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る