セットアップ

劇場公開日:

セットアップ

解説

人気ラッパーの50セント、ブルース・ウィリス、ライアン・フィリップの主演で描くクライムドラマ。犯罪都市デトロイトで兄弟同然に助け合って生きてきたサニー、ビンセント、デイブの3人は、500万ドルのダイヤ強奪計画を成功させるが、ビンセントが裏切りダイヤを持ち逃げしてしまう。その過程でデイブは死に、サニーは重傷を負う。サニーは復讐と裏切りの真実を暴くためビンセントを追う。

2011年製作/84分/PG12/アメリカ
原題:Setup
配給:日活
劇場公開日:2012年3月10日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2011 GEORGIA FILM FUND TWO, LLC

映画レビュー

3.5従来のお決まりに決別したプロット

2024年2月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

最後のシーンでサニーが言う「目には目をじゃ終わりがない…」
これは従来の同じジャンルの新しい視点だ。
でも果たしてこの作品はうまくいったのだろうか?
マフィアのボスがブルース・ウィリスという設定は、凄みや性質的不可思議な要素が足りない気がした。交渉の場でも、敵に相当な覚悟が必要だったはず。短絡的な要素は拭いきれないように感じた。
そしてあのヒットマンなるものも、素人に簡単に殺されてしまうのでは、登場する意味に疑問が残る。
しかし、この映画を主人公の黒人サニーの視点で捉えると、これはこれで面白い。
冒頭でサニーは「幼い時の夢が神父になることだったが、今はただの悪人だ」そう嘆いているが、これこそがこの映画の内容を暗示している。
そしてダイヤモンド強奪事件を起こすが、裏切り者によって友人は射殺され自身も危うく死ぬところだった。
サニーは裏切った友人を探す。
その友人は、裏切ったお金で収監されている父を救いたかったのだ。
親父を殺されたくなかったら金を払え。おそらく脅迫している連中も、ダイヤ強奪に加担した奴らなのだろう。
彼の選択肢は裏切りしかなかった。友人を射殺してまで。
ダイヤ強奪計画は、車の運転手(友人の彼女)、ダイヤを裏取引する連中、そして実行犯が彼らだったわけだ。
サニーは既にお金やダイヤのことなど頭になく、マフィアに呼び出されて穴埋めの仕事まで捺せられるが、どうして一緒にいたやつが役の密売人の住居で勝手に振り回していた銃の暴発で死ぬのだろう???
それによって状況がややこしくなり、マフィア同士の争いになるのは、少し単純だった。
サニの行動する動機はどこまでも金ではなく死んだ仲間に向けられている。
しかし、ダイヤ強奪現場での自動小銃の撃ちまくりに甚だ疑問が残る。
仲間が少なくとも一人を射殺したのだ。
サニーも運転手のミアにしばらく銃口を向けている。
サニーは親友の彼女に現金を送っている。彼氏の名前で。
悪人サニーは誰も殺さず、コトを収めていく。
行き当たりばったりすぎる内容ではあるが、後味は悪くなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
R41

3.5豪華俳優が出演

2021年11月10日
iPhoneアプリから投稿

してる映画。
ブルースウィルスはあんまり出てこないが、ウィルスのボス役が一番好きだな。
流石貫禄のある俳優さん見てて見応えあった。
50セントさんの演技初めて見たけど全然違和感ないからびっくり、エクスペンダブルズ4で出演してるらしいから今から楽しみ!
全然見応えのある作品で自分は好きかな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
テッツ

3.0わりと面白かった2.95点

2021年11月7日
PCから投稿

全体的に特出すべきことはありませんでしたが
午後ローくらいののりで見ると、割と面白かった

車のシーンで「若い人はすぐ生き急ぐ、もっと落ち着け」というところが好きだった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
asa89

3.5敵役の描写に揺れを感じました

2020年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

強盗事件後に仲間に裏切られた主人公が、復讐を果たす為に奔走する物語。

カーティス“50Cent”ジャクソンを主演に、ブルース・ウィリスが脇を固めるクライムアクションです。
友人を殺され、自らも殺されかけた主人公の復讐譚は、それだけでもカタルシスを期待出来る設定です。加えて、その仇も友人だとすれば、人間ドラマとしても期待出来るものでした。
シンジゲートやマフィア、殺し屋等が絡み、物語を盛り上げます。
ラストの締め方も綺麗で、良い余韻が残る終わり方だと思います。

ただ、裏切った友人の設定に揺れを感じたのが残念なところ。裏切った後の生活描写と、裏切った理由に整合性を感じません。また、残忍で冷酷な描写と気弱で虚勢を張っている描写があり、少し戸惑いを覚えました。もう少し、設定を徹底した方が、より映画の完成度が高まったように感じます。
また、物語を盛り上げたシンジゲート等の扱いが、最終的に雑な扱いだったのも残念。物語の広がりを期待しただけに、少々寂しく感じました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし