アーティスト

ALLTIME BEST

劇場公開日

アーティスト
24%
51%
20%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2011年・第64回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した白黒&サイレントのラブストーリー。舞台は1927年のハリウッド。スター俳優のジョージ・バレンタインは若い端役女優のペピー・ミラーを見初めてスターへと導くが、折しも映画産業は無声からトーキーのへの移行期。無声映画に固執し続けるジョージが落ちぶれていく一方で、ペピーはスターダムを駆け上がっていく。監督は06年の第19回東京国際映画祭グランプリ受賞作「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナビシウス。第84回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞ほか5部門を受賞。フランス映画として初の米アカデミー作品賞受賞作となった。

2011年製作/101分/G/フランス
原題:The Artist
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第69回 ゴールデングローブ賞(2012年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジャン・デュジャルダン
最優秀作曲賞 ルドビック・ブールス

ノミネート

最優秀助演女優賞 ベレニス・ベジョ
最優秀監督賞 ミシェル・アザナビシウス
最優秀脚本賞 ミシェル・アザナビシウス

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

受賞

コンペティション部門
男優賞 ジャン・デュジャルダン

出品

コンペティション部門
出品作品 ミシェル・アザナビシウス
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)La Petite Reine – Studio 37 – La Classe Américaine – JD Prod – France 3 Cinéma – Jouror Productions – uFilm

映画レビュー

4.5小気味よい展開。名優ドックがすごい!

2022年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

知的

幸せ

サイレント映画からトーキーに移り変わる時代の話。
その落ちぶれから復活まで、友情ともいえるストーリーはジーンとくる。
映画もほぼセリフがないという、すごく想像力を掻き立てる作り方だし、それも楽しめた。
名優ドックは、カンヌ映画祭でパルムドック賞を取ったという、洒落が効いていてフランスが好きになる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かずジー

3.5ジャン・デュジャルダン、かっこいい!

2021年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

昔、アカデミー賞受賞した時に観たと思ってたんだけど、勘違いだったみたい。ぜんぜん覚えていなかった。久々に無声映画みたけど、字幕とか吹き替えとか、そういう概念を吹き飛ばしてくれるのは心地いい。

最初の導入部分のストーリー展開がちょっとかったるくて眠たくなったけど、ペピーが出てきた辺りから、グイグイ引き込まれていった。ジャン・デュジャルダン、かっこいい!The 俳優って感じがする。男が惚れる男かと。ペピーに接する時に見せる顔の表情が、幸福感に満ちあふれている。「bang!」は”オチ”が分かってても、最後の抱擁シーンは涙があふれてきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しの@福井

4.0サイレント映画の時代にタイムスリップして当時のハリウッドを堪能した...

2021年7月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

サイレント映画の時代にタイムスリップして当時のハリウッドを堪能した。台詞は無くても心に届く物語で、胸の奥に熱く響いてくる。昔懐かしいミュージカル映画のワンシーンを思い出すラストも素敵だった。出演者同様、素晴らしい愛犬の演技にも終始感動。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

3.0これでも長い

2021年6月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この内容なら、もっと短くて映画に出来たんじゃないかと思いました。

擬似サイレントのため、全編通して音楽が鳴りつづけ、かなり辟易しました。

そしてラストのダンスシーンの音楽が、めりはりの無いものになってしまった感じです。

フレッドアステアのことがモデルなんですかね。

逆に、ラストはもっと長くてよかったと思います。

2013.4.11

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ
すべての映画レビューを見る(全95件)