タイタニック(3D版)
ホーム > 作品情報 > 映画「タイタニック(3D版)」
メニュー

タイタニック(3D版)

劇場公開日

解説

「ターミネーター」「トゥルー・ライズ」のジェームズ・キャメロン監督が、当時史上最大規模の製作費2億ドルを投じて豪華客船タイタニック号沈没の悲劇を描き、全米興行収入歴代1位(のちにキャメロン監督自身が「アバター」で記録を更新)、アカデミー賞で作品賞ほか史上最多タイの11部門受賞という偉業を成し遂げた超大作「タイタニック」(1997)を、最新の技術で全編3D化。1912年4月10日、イギリスの豪華客船タイタニック号がニューヨークに向けて処女航海に出発する。出港直前に乗船券を手にした画家志望の青年ジャックは、新天地アメリカを夢見てタイタニック号に乗船。船内で出会った名家の令嬢ローズと恋に落ちるが、出発から4日目の深夜、タイタニック号の船首が巨大な氷河に激突してしまう。

作品データ

原題 Titanic 3D
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 195分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

DVD・ブルーレイ特集

あの“永遠の名作”が初ブルーレイ化! 100年後も泣ける感動のクオリティ「タイタニック」ブルーレイ=映画ファン必携アイテム!
DVD・ブルーレイ特集

 全世界興収歴代第2位、アカデミー賞歴代最多11部門を受賞。洋画としては今なお日本国内歴代興収ナンバーワンに輝く“永遠の名作”「タイタニック」が、ついに9月28日に初のブルーレイ化を迎える。高画質&高音質化された本編はもちろん、2時間半の新収録を含む6時間超の特典映像が収録され、さらには2枚組みのハイクオリティで収録された3D版映像も同時発売。まさに映画ファン必携なのだ! DVD・ブルーレイ特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

もはや2人の愛を引き裂くだけのカタストロフには思えない
タイタニック(3D版)の映画評論・批評

物語るより見せることの優位性へと傾き始めたCG超大作の起点、と揶揄されもした。こだわりを貫いた製作は遅れに遅れ、失敗すれば映画会社の命運さえ危うくなると糾弾された作り手の狂気は、世界中の観客の心を揺り動かすことで勝利した。数々の伝説に...タイタニック(3D版)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全26件)
  • もう何回観たかわからないほど 誰がなんと言おうと文句なく歴史に残る最高傑作。 何度観ても泣けて胸がいっぱいになる素晴らしい映画。 ...続きを読む

    miu miuさん  2018年6月2日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • オールタイム・ベスト 何も言うことなし! 映画に必要なすべてが詰まったの究極のラブストーリー。 ...続きを読む

    keichan keichanさん  2018年6月2日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 名作はやっぱ名作なんだよ! 色んな言い方をされる作品ですが アカデミー賞を何部門も取る映画だけあって やっぱ劇場でちゃんと観たら本当に面白いです。 公開当時リアルタイムで映画館で観られなかった事を 本当に今更ながら後悔しま... ...続きを読む

    星のナターシャ 星のナターシャさん  2018年5月2日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「タイタニック」シリーズ関連作品

他のユーザーは「タイタニック(3D版)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi