ジャッキー最後のノースタントアクション映画、中国で興収115億突破!

2013年1月20日 13:00

「ライジング・ドラゴン」の一場面
「ライジング・ドラゴン」の一場面

[映画.com ニュース] ジャッキー・チェンが監督、製作、脚本、主演を兼ねたアクションアドベンチャー「ライジング・ドラゴン」が、中国で累計興行収入8億800万元(約115億円)の大ヒットを記録している。

今作は、チェンがノースタントで挑む最後のアクション映画。代表作「サンダーアーム 龍兄虎弟」(1986)、「プロジェクト・イーグル」(91)に続き、トレジャーハンターの“アジアの鷹”に扮している。アジアの鷹”の異名を持つトレジャーハンターのJC(チェン)が、国外に持ち出された中国・清王朝時代の秘宝を収集するため、世界を駆けめぐる。

昨年12月20日に中国で公開され、4420万元(約6億400万円)で正月映画の初日興収の新記録を樹立。中国の歴代興収では、1月14日までで「アバター(2009)」の13億9100万元(約198億円)、「Lost In Thailand」(12)の12億1000万元(約172億円)、「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」(11)の10億9300万元(約156億円)、「タイタニック(3D版)」(12)の9億7500万元(約139億円)に続く第5位にランクインし、チェン作品最大のヒットとなっている。今夏には全米公開も決定しており、注目が集まる。

ライジング・ドラゴン」は、4月13日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース