トリシュナ Trishna

トリシュナ Trishna

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「イン・ディス・ワールド」のマイケル・ウィンターボトム監督が、イギリスの作家トマス・ハーディの名作「テス」の舞台を現代のインドに移して映画化。田舎町の貧しい家庭で育った少女トリシュナは、イギリスから来た裕福な青年ジェイと出会う。ひと目でジェイに気に入られたトリシュナは、ジェイの父親が経営するホテルで働くことに。ふたりはやがて惹かれあい、幸せな日々を送るが……。ヒロイン役に「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピント。2011年・第24回東京国際映画祭コンペティション部門で上映。

2011年製作/117分/イギリス
原題:Trishna

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

2.5愛の彷徨

近大さん
2018年8月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

古典『テス』を、マイケル・ウィンターボトムが現代のインドを舞台に置き換えて翻案映画化。
『テス』はその昔、ロマン・ポランスキー監督作を見た事あるが、ほとんど覚えておらず、これはこれで鑑賞。

貧しい家庭のインド人少女トリシュナは、富豪のイギリス人青年ジェイと出会う。
気に入られ、彼の父親のホテルで働く事になり、恋に落ち…。

夢のようなシンデレラ・ストーリー!…とは程遠い。
恋に落ちて幸せも束の間、相手の要求に流され続ける。
ある事をきっかけに、関係にヒビが。
裏切り。
そして…。
愛に翻弄され、悲劇的な運命を辿るヒロイン。
インドの貧富の問題も織り込む。

ドラマチックだが、暗い話なので後味は苦い。
また、ヒロインが何故最後衝撃的なあの行動に至ったか、今一つ感情の描き込みや動機も弱い。

インドの雰囲気と、フリーダ・ピントの美しさは良かっただけに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る