TATSUMI マンガに革命を起こした男

劇場公開日

  • 予告編を見る
TATSUMI マンガに革命を起こした男
26%
48%
20%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昭和30年代、当時はまだ子ども向けでしかなかった漫画を、大人向けの読み物として昇華させ、「劇画」を生み出した伝説的漫画家・辰巳ヨシヒロの半生を映画化した長編アニメーション。辰巳の半自伝的作品「劇画漂流」をもとに、シンガポールのエリック・クー監督が、映像面においても辰巳の作風である劇画調を再現した。終戦直後の日本。漫画を描くことが大好きな少年・辰巳ヨシヒロは、憧れの漫画家・手塚治虫と会い、言葉を交わす機会に恵まれる。それをきっかけに漫画家になることを志し、その情熱がすぐに出版社にも認められた辰巳は、漫画家として順調なスタートを切る。しかし、当時の漫画は子ども向けの笑いや可愛らしいものが中心で、そんな漫画の在り方に疑問を抱いていた辰巳は、1957年(昭和32年)、22歳の時に大人向けの内容と表現を用いた漫画を描き、「劇画」と名付ける。

2010年製作/96分/R15+/シンガポール
原題:Tatsumi
配給:スターサンズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)27 Productions Pte Ltd

映画レビュー

4.0劇画道

近大さん
2019年1月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

怖い

知的

まだ漫画が子供の読み物だった時代、大人が読める漫画を描き、“劇画”というジャンルとその言葉をも産み出した漫画家、辰巳ヨシヒロ。
その半生を氏が産み出した劇画タッチでアニメ映画化。一部(ラスト)、ドキュメンタリー。ナレーションも本人が担当。
氏の作品も見たくなってくる。短編5作品を劇画アニメーション化し、交えながらの構成。
劇画アニメンタリー×オムニバスという異色作ながら、一粒で二つ三つの味。

毎度毎度、恥ずかしながら、氏の事は初めて知った。
異端の漫画家ではあるが、志のきっかけは多くの漫画家と同じ。
漫画の神様、手塚治虫への憧れ。
直接本人と会い、漫画を描くよう勧められた事も。
多くの漫画家に影響を与え、手塚治虫の偉大さも再確認。

劇画を描いてる漫画家と言うと勝手なイメージで無骨な人物を想像するが、至って穏やかな性格。
早くから漫画を描き始め、雑誌に初掲載。
漫画家としてデビュー。
当初は周りと同じく子供漫画から。
好評や泣かず飛ばず、もう漫画を描きたくないほどのスランプ…模索しながら自分のスタイルを確立していく。
劇画という漫画の新たな表現には、憧れた手塚治虫も嫉妬したほどだと言う。

氏の半生の合間合間に挿入される5つの短編作品。
それらは今見てもインパクト大、当時はさらに衝撃だった事だろう。
漫画=面白い、笑えるの概念に縛られず、氏が描くのは、社会の底辺で生きる人々の悲哀、エゴや欲、エロスなどを陰湿なタッチで抉る。鬱気分、それ所か、戦慄すら感じる。特に、原爆親子のエピソード…!
何だか『笑ゥせぇるすまん』を見た時の感覚。いや、これは逆。『笑ゥせぇるすまん』が氏の作風に影響を受けているのだろう。

監督は、シンガポール出身のエリック・クー。
シンガポール作品ながら全編日本語。
リスペクトと才気は勿論、どうして日本人が日本映画として作らなかったのかと一抹の嫉妬すら覚える。

氏の作品も、そして本作も、かなり異色でクセのある作風なので、好みは分かれそう。
しかし、全く色褪せぬ。
切り開き、確立させた、その劇画道。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

4.5自身の半生の独白と作品世界が交錯した世界観に惹き込まれた

2016年7月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

泣ける

川崎市市民ミュージアムで2016/07/31に鑑賞。

序盤の原爆被害者の親孝行息子のエピソードが、虚構なのか独白なのか判断がつかず、人殺しの告白か!?とびっくりしましたw
観ていくうちに独白と自身の作品のアニメーションが交互になってるんだと気づいてほっとしたw
しかし、フィクションのアニメーション部分も人間の心理をえぐるような深い作品でとても惹き込まれました。
去年(2015/3)に亡くなってるんですね。漫画の作品もぜひ読んでみたい。

TSUTAYAのレンタルに扱いが無いので川崎市市民ミュージアムで鑑賞したが、名作なのでTSUTAYAはレンタル在庫置くべき。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
月野沙漠

5.0面白すぎる(^-^)/

ちいさん
2015年11月24日
iPhoneアプリから投稿

本当に面白すぎる*\(^o^)/*
久々の大ヒット*\(^o^)/*
皆様…見るべし❗️❗️❗️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちい

4.0予想以上に面白かった

SMILEさん
2014年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

面白かった。
予想以上に面白かった。
アニメの部分は短編集なのだけど、
どれもかなり時代背景が色濃く出ている。
戦争だったり決して明るい楽しいストーリーではなかったけど、
終わりまでかなり見入ってしまった。
私の父親よりちょっと年上の世代の方なんだと思うが、
やはり、この時代の方の書くストーリーは深いなぁと思わされた。
そしていろいろ考えさせられた。

万人におすすめできる映画ではないかもしれないが、
ショートフイルムなどが好きな方にはちょっとおすすめしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SMILE
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る