斎藤工、“我が家のレシピ”は「麻酔銃で撃たれたような麻婆豆腐」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月1日 > 斎藤工、“我が家のレシピ”は「麻酔銃で撃たれたような麻婆豆腐」
メニュー

斎藤工、“我が家のレシピ”は「麻酔銃で撃たれたような麻婆豆腐」

2018年11月1日 19:55

斎藤工とエリック・クー監督「家族のレシピ」

斎藤工とエリック・クー監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の斎藤工が主演する、シンガポールのエリック・クー監督作「家族のレシピ」が11月1日、第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」部門の特別上映としてTOHOシネマズ六本木ヒルズでお披露目された。

2016年に日本とシンガポールの外交関係樹立50周年を記念してスタートした企画で、両国とフランスの合作。ラーメンとバクテー(肉骨茶)という両国を代表するソウルフードを媒介に、ラーメン店で働く青年が店主の父が急死したことで、幼い頃に亡くなった母親の故郷シンガポールで自身のルーツを探っていく姿を描く。

斎藤は、クー監督のアニメ「TATSUMI マンガに革命を起こした男」などに魅了された大ファン。「日本人が知らない、日本の大切な文化を教えてくれた。日本人キャストを探していると聞いて、通行人でもいいから出たい」と、スカイプでオーディションを受け、主人公の青年役を射止めた。

撮影は「今までに経験したことのない、エリック・クーの魔法にかかったような時間で演じたという記憶がない。まさに進行形の自分が映っていて、表現の神髄、新しい扉を開いてくれた」と感激の面持ち。さらに、「フィルムメイカーとしての自分の未来も導いてくれた、壮大な出会いだった」と、監督業にも多大な影響を受けたことも強調した。

観客からは「それぞれの家族のレシピは?」という質問があり、「いい質問ですね」とニヤリ。そして、「レシピではないけれど印象深いのは、辛党一家で父が作る麻婆豆腐。山椒が日に日に加算されていって、麻酔銃を撃たれたくらいに(舌が)麻ひしたことがあった。かむ感覚がなくなりましたね」と話し、笑わせた。

一方のクー監督は、「母親の作ったチキンカレー。映画のラストシーンにも登場しますし、母は他界しましたがあの味はいつになっても忘れられない」としみじみ。斎藤も、「ニューヨークのジャパンカッツという映画祭に一緒に行った時に、クー監督の息子さんたちがニューヨーク大学で学んでいるので招待されてチキンカレーをごちそうになった。家族の食卓に呼ばれて、幸せな出来事でした」と明かしていた。

家族のレシピ」は2019年3月9日から全国で順次公開。第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報