第31回TIFFコンペに邦画2作品 稲垣吾郎主演「半世界」、岸井ゆきの×成田凌「愛がなんだ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月21日 > 第31回TIFFコンペに邦画2作品 稲垣吾郎主演「半世界」、岸井ゆきの×成田凌「愛がなんだ」
メニュー

第31回TIFFコンペに邦画2作品 稲垣吾郎主演「半世界」、岸井ゆきの×成田凌「愛がなんだ」

2018年9月21日 06:00

「半世界」(上)と「愛がなんだ」「半世界」

「半世界」(上)と「愛がなんだ」
(C)2018「半世界」FILM PARTNERS
(C)2019「愛がなんだ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭(10月25日~11月3日開催)のコンペティション部門に、邦画2作品が選出された。稲垣吾郎が主演した阪本順治監督作「半世界」と、岸井ゆきの成田凌が共演した今泉力哉監督作「愛がなんだ」が、映画祭の顔ともいえる同部門で上映される。

半世界」は稲垣、長谷川博己池脇千鶴渋川清彦らが出演したオリジナル作品。39歳の男3人の視点を通して「残りの人生をどう生きるか」という葛藤や、家族・友人との絆、そして新たな希望を紡ぐ。阪本監督は「製作過程において、映画作りは自分の居場所を見つける作業ではなく、自分の中に他者の居場所を見つける作業だということを、あらためて知ることができました」と振り返り、「新しい地図を携えて、未知なる土地へと。そんな私たちの新たな道行きを、ぜひご堪能ください」とコメントを寄せた。

さらに「愛がなんだ」は、直木賞作家・角田光代氏の小説を映画化。好きになってくれない男を一途に追いかけてしまう主人公テルコ(岸井)の、“完全なる一方通行の恋”を描く。今泉監督は「ストーカーやサイコパスになる可能性がない恋愛なんて存在するのだろうか。それを愛と呼べるのだろうか。テルコをはじめとした、“誰かを思いきり好きな登場人物たち”に嫉妬しながら、また、その好意が持つ温度に気をつけながら、この映画を作りました。みなさまにも楽しんでもらえれば幸いです」と呼びかけた。

なおコンペ部門は2018年1月以降に完成した長編映画が対象。世界109の国と地域から1829本が応募され、厳正な審査を経た16作品が開催期間中に上映される。プログラミング・ディレクターの矢田部吉彦氏は、邦画2作品選出にあたり、「両作品ともに本年の日本映画を異なる形で代表する作品である」と語る。そのうえで、講評を「(『半世界』は)主人公の姿には崇高なリアリティーが備わっている。自然な佇まいの稲垣吾郎は天性の映画俳優としての演技力をいかんなく発揮し、池脇千鶴が絶品の存在感で脇を固める」「(『愛がなんだ』は)恋愛ゲームは基盤にあるが、好きな相手に対する想いが究極の形を取るに至り、『愛がなんだ』は並の恋愛映画の枠を超えてゆく。女性作家の視点を得て、今泉ワールドが深化した。コケティッシュな魅力が溢れる岸井ゆきの、ふてぶてしい説得力の成田凌の演技も特筆に値する」と述べている。

第31回東京国際映画祭は、10月25日~11月3日に六本木ヒルズ、東京ミッドタウン日比谷などで開催。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • search サーチの評論 search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還るの評論 ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったらの評論 ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
映画評論の一覧を見る
Jobnavi